給料日前にお金がない・生活費がもたない理由とその根本的なリスク~必ず用意しておきたい無限のレシピを再現できる最強の食材~

生活費がピンチ!という状況は、独り暮らしをしたことのある人であれば
一度は必ず経験したことがあるであろう、それほど珍しくない事態です。

<毎月生活費以上の金額が振り込まれる>という状況でない限りは
「予期せぬ出費」等の際に、対応が難しいケースや
それによって、生活が苦しくなってしまうことは「よくあること」と言えます。

「貯蓄ゼロ世帯」といったものが、度々話題になりますが
<毎月カツカツの家計>で暮らしている人・家庭といのは、
「余裕シャクシャク」の人と、同じくくらい・それ以上に存在する考えられています。

決して他人事ではなく、今現在苦しい生活を送っている人に加えて
これから先、ギリギリで生きていかなければならない可能性は誰にでもあります。

しかしながら、この「生活費が足りなくなる」というありふれた現象に関して
その「理由」によっては、思っている以上に危険な場合も考えられます。

スポンサーリンク

「しかたがないこと」なのか「制御できない」のか

実際に収入を手にする日は、「給料日」と表現されることが多いですが
この給料日の「数」や、「総収入」は人によって異なります。

特にフリーランスや、アルバイトの掛け持ち等をしている人は
1ヵ月のうちに、給料日が複数あることも珍しくありません。

問題は、その「想定できる収入」の総量に対し
その中で<やりくり>ができない、という状況です。

そして、そうなってしまう理由としては

  • 収入が少ない
  • 支出が多い

いずれかが考えられ、まずはそれに関する問題点を考える必要があります。

とは言っても、

  • まともな生活が送れる額を稼ぐことができない
  • 「買わなければならないもの」の額が収入を超えてしまう

これらは「仕方がない」ものであり、
同時に「仕方がないで済ませてはならない」ことでもありますが
問題点がはっきりしている、極めて単純なものと言えます。

また

  • 失業期間
  • 事故等のハプニングに対する補償

といった、「一時的なもの」であれば、長い目で見てそれほど問題ないことです。

<本当にヤバい>のは、<支出をコントロールできない>状態です。

「収入を超えた支出」が当たり前になっている場合は

一般的な賃金を稼いでいれば、「1人暮らし」であれば、本来はなんとかなるはずです。

また、まともな会社であれば
「1人以上を養える額」を、賃金として支給するはずであり
そうでない場合には、家計に関する問題が起きて当然です。

問題は、「普通に暮らせる額」があるにも関わらず
「それじゃ足りない」状態に陥っていしまいがちな場合であり
それが「慢性化」している場合には、「欲望のストッパー」が壊れていると考えられます。

できる人は、「なぜできないのか、理解に苦しむ」ようですが 普通の人ができることを、できない人間というのはたくさんいます。 その中でも...

以上で解説していますが、その状態は<ほとんど病気>と言えます。

「慢性化」に歯止めがかけられるかが問題

「楽しくて、使い過ぎちゃった」

「どうしても、見栄を張りたい」

「リスクを取らなければならない」

収入を超えて、お金を使ってしまう理由は様々です。

ただし、こういった「過ち」は珍しいことではありません。

ある意味で、誰もが経験する「失敗」と言えます。

「反省」して、今後は気を付ければ問題ありません。

それができず、<何度も繰り返す>ことが「ヤバさ」の本質なのです。

「ちょっと無計画に使い過ぎちゃった」の連続に関して、本当に問題なのは
「足りなくなる理由」よりも、「足りない状態が継続できてしまう」ことです。

お金が足りない・・・という状況は、「次の給料日」が近づくにつれてリスクが増します。

これは当然のことと言え、そういった事態が発生することは予想できます。

それでもなお、「毎月やっちゃう」場合には、「ヤバい自覚」が必要です。



スポンサーリンク

引き返せる場所で止まらなければならない

「なんとかなる」という、生まれつき楽観的な人もいるかもしれませんが
「何も考えていない」ことを加えて、気づいていないことは非常に危険です。

この問題の行きつく先は、「借金」です。

クレジットカードの、「前借利用」で済まなくなった場合には
「知らない人(会社)にお金を借りる」ことになります。

そうなる前に、ぜひ何とかして欲しいと思います。

何をするにも「お金」は必要であり、どんなきれいごとを言おうと お金がなければ、何もできない世の中でもあります。 特に「一人暮らし」の...

そもそも収入を超えて消費をしなければ、お金を借りる必要がありません。

理由はそれぞれですが、借金をする人というのは
「収入を超える支出」という共通点が必ずあります。

僕がホームレスに陥る寸前になった理由は、言うまでもなくお金が関わっており
「事業の失敗」に加え、「生活面における収支に関する無頓着」も無視できない理由です。

どちらかだけであれば、致命傷は防げたと考えられます。

事業の失敗に関しては防ぎたかったものの、後悔はしてません。

しかしながら、生活面での無頓着加減に関しては
あの時ちょっと考えてればな~、と思うこともしばしばです・・・

無限のレシピを生み出す「究極のハイコスパ食材」とは

ゆるく締めたいと思います。

以上で紹介した「病的な浪費壁癖」による散財の場合には
巷にあふれる「節約法」等では解決できないと考えられます。

そういった傾向が見られる人は、「いくら持っていても足りない」
そういった、収入を超えて使ってしまう癖を持っていることも多いです。

ちょっと節約術を覚える程度や、
多少つつましく生活する程度では、ほとんど意味がないと言えます。

でもしかし、やはり、しないよりはした方がいいです。

また、

給料日まで持つか微妙なラインにいて、本気で節約しないとヤバい人
カード払いも前借もできず、わずかな現金のみで乗り越えなければならない人

病気でもないけど、なんか給料が安いし・・・

そういった人が、なんだかんだと一番多い属性と言えます。

そしてそんな人が、必ず持って置きたいもの、

「一文無し」になる前に必ず買っておきたいものとして、

「めんつゆ」を紹介しておきます。

この世で最もコストパフォーマンス高い存在は、間違いなく<めんつゆ>です。

「水」の次に尊く・強い存在

何も食べなくても、〇〇日生きられる

水があれば・・・

砂糖が・・・塩が・・・

といった、「生存」に関する例えはたくさんありますが
費用対効果を考えた際には、めんつゆを超える物質はありません。

「あえるパスタソース」等の、安価なお手軽アイテムが
独り暮らしの節約術として紹介されることもありますが
めんつゆに比べれば、そのコスパはあまりに低いものです。

何より、「貢献できるメニュー」が多く

  • かつ丼
  • 親子丼

こういった、「ぜりたく品」にも欠かせない存在でありながら
「卵丼」や「卵スープ(お湯で割っためんつゆに卵を落とす)」といった
緊急避難的な献立も、再現することができる万能調味料です。

最悪の場合には、「ごはんにかけるだけ」も行けます。

「めんつゆのお湯割り」は、「ぽかり」と同じ地位にあります。

最初に「お金のストック」を作る

少しふざけた最後に付け加えて、金欠に陥らないために必要なことを紹介します。

それは、言うまでもなく「貯金」です。

貯金の意識があれば、少なくとも「収入以上に使ってしまう」リスクが減ります。

めんつゆを紹介したのは、「お金」という物質は
結局は、「もの」を交換するための道具に過ぎないものであり
「たべもの」というのは、その際たる例と言えます。

そのため、「ストック」としての貯金は常にキープしておくべきと言えます。

貯金をしてから転職活動をする

こういったありふれたことでも、当たり前のようにできる人と、そうでない人がいます。

またその際にも、本来であれば「癖付け」等のあらゆる意味でも
社会人としてのスタートの時期に、身に着けておきたい習慣です。

それができなかったのであれば、できるだけ早く。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク