人前に出ると異常に緊張する・顔が真っ赤になる「あがり症」と「自己顕示欲が強すぎる」ことは<表裏一体>~「自意識過剰」を治す方法~

そもそも、人前に立つ・人前で喋る際に緊張してしまうことは
<当たり前のこと>であり、本来であれば全く問題のないことです。

しかしながら、中にはその緊張が「異常」なものであることに悩み
克服できないことで、苦しんでいる人も多いと言えます。

「普通の人は、どのくらい緊張するのか」ということに関しては
個人差があるものですが、<その状態>に関して進行に悩んでいる場合には
いずれにしても、問題のある状態と言えます。

人前に出ることによって、

  • 心拍数が劇的に上昇するのが分かる
  • 動悸・呼吸困難(過呼吸)を招く
  • どもる(吃音)
  • 汗が止まらない

最悪の場合には、意識を失ってしまうといったこともあり
その原因を見極めて適切に対処し、少しでも<生きやすく>する必要があります。

特に「会社の会議ですらダメ」という場合には、早急な対策が必要と言えます。

スポンサーリンク

「原因不明」だからこそ悩んでいるはずだが

「原因」といっても、緊張する理由は「緊張するから」というほかないはずです。

一言で言えば、「プレッシャーに弱い」ということになりますが
どうしてそこまでプレッシャー(心理的圧迫)を感じてしまうのか、整理してみましょう。

「求められていることの大きさ」に耐えられない

まず、プレッシャーを感じるということは
「他人に期待をされている」という思いがあるはずです。

  • 失敗したらどうしよう
  • 恥をかいたらどうしよう

と思ってしまうことが、その証拠です。

現実として「自分に求められていること」が、非常に大きい場合もありますが
それよりも、「(現実より)大きいと感じてしまう」ことに問題があります。

このケースは、「特定の場所・状況(苦手な上司の前等)」といった
症状が現れるシチュエーションが、限定されることも多いようです。

「人前」に抵抗がある

またプレッシャー云々に関係なく、とにかく「人前」が苦手なケースも考えられます。

そういった場合には、「なぜ嫌なのか」という理由が
克服のための、より重要な鍵を握ることになります。

「ストレス」への耐性が小さい

以上の理由として、まずはそもそも
「ストレス」に対する許容量が少ないと言えます。

これは<生まれつき>の性格の場合もあり
「恥ずかしがりや」を、こじらせてしまった状態と言えます。

「過去のトラウマ」によるもの

最も問題のある・克服の難しい原因が
過去に経験した、いわゆる「トラウマ」によるものです。

多いケースとしては、「過去に人前で恥をかかされた」といったものがあります。

また学校の教室での、「おもらし」や「嘔吐」といった
不特定多数の前で、<恥ずかしい経験をした>という経験等も多いようです。

これらは「起きてしまった」ことであり、またなかなか忘れられないことが
それ以降に問題をきたす、トラウマたる所以でもあります。

単なるがり症が発展してしまうケースも

上がり症は、同じ<恥ずかしがりや>の症状としても個人差のあるものですが
「赤面症」や「視線恐怖」といった、より発展した症状も存在します。

特に「人前に出ると顔が赤くなってしまうのではないか?」という思いが消えない
「赤面恐怖症」は、「強迫性障害」の1つの症状と考えられます。

「強迫性障害」の症状・原因について詳しく



スポンサーリンク

「誰か、見てくれ!」という願望が強すぎるケース

一方で、「自分を(自分だけを)見て欲しい」といった
いわゆる「自己顕示欲」が強すぎることで、悩む・・・というよりは
好機な目で見られることによって、トラブルを招くこともあります。

これは言うまでもなく、「承認欲求」が強いことが原因と言えます。

「認めて欲しかった」のに「認めてもらえなかった」

自己顕示欲が強い人間というのも、やはり<過去のトラウマ>にとらわれた状態です。

そして、最も多いケースは「親にさえ、認めてもらえなかった」という経験です。

「放任主義」から「虐待」まで様々ですが、幼い不安定な時期に
「自分は受け入れられていない」と、感じてしまった経験によるものと言えます。

また「異常に他人を羨んだことがある」という経験に関しても
「自分<も>同じように認められたい!」という欲望を芽生えさせるものですが
勉強ができる・運動ができる、という人が身近にいた場合にリスクが高く
これに関しては外部的な要因が大きく、ある意味で「事故」です。

異常に膨らんだ「自意識」を解消するために

人前に出たくない・出た過ぎる、いずれの症状に関しても
異常に肥大した自意識、いわゆる「自意識過剰」あることが原因です。

この自意識から自由になることは、多くの人間の課題であり
「芸術」や「文学」といったことも、結局は自意識からの解放が目的と言えます。

・・・といった、大げさなことも言えますが

現実問題としては、早めに「適切な自意識を持ちたい」という方が多いはずであり
ここでは、より現実的な克服方法を考えていきたいと思います。

自分の評価を下げてみる

「自分には何の価値もない」

そう思えば、少しは楽になれるはずです。

そもそも「自分には価値がある」という考えが、自意識を過剰にしてしまうのです。

しかしながら、あまりにもマイナス思考・ネガティブな考え方でもあります。

また、より深刻な「自暴自棄」を招くリスクもあるため
「最後の手段」として、とっておくことが望ましいと言えます。

とにかく場数を踏む

「人前が嫌」なら、とにかく人前に出る。

「認められたい」なら、あえて人前で恥をかく。

自分の「重い(思い)」を、少しずつ軽減していきましょう。

「人前で失敗する」という経験は、いずれの症状にも効果的であり
ある意味で、行動療法・ショック療法の1つと言えます。

「今までの自分」から離れた活躍の場を作る

最も健康的な解決方法と言えます。

「いつもの自分の立ち位置」といったものが関係ない場所で
とりあえず「承認欲求」を満たしてしまいましょう。

「社会人サークル」等に積極的に参加することで
「今までの自分とは関係ない人」から、無難な評価を受けます。

その際にも、

  • 馬鹿にされたらどうしよう・・・
  • よく見せよう!

とは、考えないようにしましょう。

難しいことかもしれまえんが、

恥ずかしがりやなら、あえて「ピエロ」になり

「見栄っ張り」なら、バカにされるキャラになる

こういった、<今までの願望とは真逆>の立ち位置を目指しましょう。

そうすることで、「日常」に戻った際に
人前で評価されようが、無視されようが

「俺は先日、フットサルでシュートを決めた」

「今日のところは、バカにされてやるか」

といった「心のよりどころ」を、作ることができるはずです。

大切なことは、「自意識の必要がない(リセットされた)場所」で
<健康的に・適当に評価されること>なのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク