心療内科・精神科医のカウンセリングに効果を求めてはいけない当たり前の理由~意味のある・克服につながる使い方とは~

精神的な悩みや、神経的症的なトラブルを抱えている人の中には
「心療内科」等といった、「メンタルクリニック」に通うこと
専門家に相談することを、検討している方は多いと思われます。

また、そういった方を抱えたご家族の中にも
「病院」を探しまわっている方は多いと思われます。

それはなぜでしょうか?

おそらく、「治す」ことを目的として訪れることを考えているはずであり
それは病院が、<病気を治す場所>であると考えているからだと思います。

しかしながら、精神病・神経症というのは
「風邪」や「盲腸」等とは、全く違うものになります。

「原因」があることには変わりありませんが
その解決法には、「マニュアル」や「セオリー」はなく
<治そうと思って治せない>という、特徴があります。

今回は、「心療内科・精神科の違い」といったものはなく
もっと根本的なこと、というよりも、元も子もなくなってしまうような
「ビョーキの人」と、病院(医師)との付き合い方を考えていきたいと思います。

無駄に期待し、絶望する人を減らすためであり
より効率的・現実的な克服法を考えるためでもあります。

※この記事は、全国の心療内科・メンタルクリニックの業務を
侵害することを目的として、書かれたものではありません。

念のため。

スポンサーリンク

まず「感覚」が違う人間と会話している自覚を持つ

ここで言う<カウンセリング>とは、

  • 告白・相談
  • 行動療法
  • 催眠療法

といった、<薬以外のアプローチ>を前提としますが
それ以前の・最も大きな前提として、「人間対人間」である点が挙げられます。

人間関係の究極は、「好き嫌い」ということになるはずです。

そして、言い方は非常によくありませんが・・・
そもそも<ビョーキになっちゃうような人間>
<医者になれちゃうような人間>は、感覚が根本的に噛み合うことはないと思われます。

大人だから、仕事だから<噛み合っているように見せる>のです。

美容室の担当スタイリストと、心療内科の担当医は、なんら変わりません。

お金を貰えるから、サービスを提供するだけです。

これは決して「いじけた発想」ではなく、「意志の疎通」という面で
<分かり合う>という面で、根本的にかなり困難であると考えるべきです。

医療は「学問」であり、医者は「商売」です。

学問である医療とは、「因果関係」に沿って<解決ができる>という前提があり
また医学部を卒業する人間というのは、一般的な家庭に比べ、あらゆる点で恵まれています。

これは、それぞれが「神経症」と「ビョーキになる人間」と正反対と言えます。

神経症は、解決ができない前提で向き合う必要があります。

「先生は症状を理解して、解決に導いてくれる」という期待は
そもそも持つべきではなく、<通院すれば治る>ことはありません。

だからといって先生を責めることはもっと意味がない

ここまで、メンタルクリニックに通うことが
いかに効果がないものかを、ネチネチと解説してしまいましたが
「神経症がそう簡単に治るものではない」ということは、先生もご存じのはずです。

そして基本的には、治らないと分かっていても
「マニュアル(基準となる治療方針)に従う」という人がほとんどです。

「不眠」における、睡眠薬の処方で言えば、

寝つきが悪いならこれ、

全く眠れないならこれ、

すぐ目が覚めるならこれ、

と、「だいたい決まっている」のです。(悪用厳禁!)

ただし、「精神医学」や「心理学」いったものは
あくまで「マニュアル」に過ぎませんが、歴史のあるものであり
また「サンプル」から得ることができた、「克服に近づくためのセオリー」は存在します。

また「薬物療法」に関しては、個人の判断・価値観になりますが
「なぜ処方しようとしているのか」ということに関して、一度考えてみることも大切です。
(薬物療法のみで完治することがないことは、常識的なことでもありますが。)



スポンサーリンク

ただただ叫べ!

言いたかったことは、これだけです。

<真剣に相談>したり、<解決に期待>するのではなく
ただ自分の「不満」や「悩み」をひたすらにぶつけることが
<最もコスパのいいメンタルクリニックの使い方>と考えられます。

「意味のある相談」という余計なことは考えず、

ただただ、

  • なぜ苦しいのか
  • 何が不満なのか
  • 自分がこうなってしまったのは何のせいだと思うのか
  • もうしたくないこと
  • もう考えたくないこと
  • もう会いたくない人
  • 嫌いな食べ物
  • むかつく芸能人
  • 自分の体の気に入らないところ

「自分のいいたいこと」を、ひたすら叫びましょう。

「コイツ本当にダメだ」と思われるかもしれませんが、別に意味はありません。

予め決められた「ゴール」が設定されている
「催眠」や「誘導尋問」に比べれば、より効果的なものと言えます。
(カルテを書くため・「型」にはめるために
誘導する医師というのは、決して珍しくありません。)

「こころのビョーキ」になるということは、一筋縄ではいかない事情があるはずです。

お金を払って、時間をかけて、解決できるのものではありません。

しかし、それでも「何かしなきゃ!」と思うものであり
何らかの行動をとるということは、それ自体が非常に「いいこと」と言えます。

意味がないなら、せめて「もと」をとりましょう。

「言い訳」にしない

メンタルクリニックに通う際に、注意しなければならない点として
<期待する>という、意味のないことに加えて
<病院に行った>ということを、「言い訳」として残さないようにすることです。

それは「行ったのに、治らなかった!(治すための行動をとった)」という
ある意味で「免罪符」を作るための行動であるとも考えられます。

非常にひねくれた考え方ですが、精神病の患者を生む家庭には
そういった考えを持つ人、そういった考えの親がいることが非常に多いのです。

繰り返しになりますが、「行ったから治る」のであれば、悩む人はいません。

「依存」なのか「信頼」なのかを見極めよう

「医者になる人間に理解できるわけがない」という感覚も必要ですが
「誰かに話す」こと自体は、心を病む人間にとっては有意義なことです。

もしかしたら、担当の先生は極めて心優しい人間であり
心の底から、苦しんでいる人を助けようとしている可能性もあります。

また「素人」よりも、「一応、学んでます」という人に相談する方が意味がありそうです。

ただし、ここで注意しなければならいことは
それが「信頼」なのか、「依存」なのか、勘違いをしないことです。

もちろん本気で相談するためには、相手を信頼することが不可欠です。

期待しないこと、本当に信頼できる先生を見つけること
この線引きを明確にし、<ゼロか百か>で考えることが大切なことと言えるはずです。

あと、本気なら「東京の病院」をおすすめします。

神経・メンタルに関する治療内容は、地方のクリニックとは全くレベルが違います。

田舎には、未だに「心の病気をなめた医者」が非常に多いようです。

くれぐれも、期待はしないよう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク