仕事が続かない・転職を繰り返していて将来が不安~人間関係が嫌?根性がない?原因が「発達障害」にあることも視野に~

生きるうえで、最も必要なものは「食べ物」であり
食べ物を買うには、「お金」が必要であり
お金を稼ぐためには、「仕事」をする必要があります。

たとえ資本家でも、資本家であり続ける必要があり・・・

といった、当たり前のことは置いておいといて、、、

<仕事をする>という行為は、一瞬だけの行動ではなく
お金を稼ぎ続けるためには、仕事することを「続ける」必要があります。

しかしながら、こういった「当たり前のこと」に関して
当たり前だからこそ、「仕事が続かない」と悩んでいる人は多いようです。

自分の状況を受けて入れている、働かなくても食べていける、といった
「別に、悩んでいない」という状態であれば、特に問題はないかもしれません。

しかし、ほとんどに人間にとって<継続して働くことができない>ことは
家計・キャリアといった、様々な面で「マイナス要因」となるはずです。

何より「この先、将来が不安」だと思います。

どうして、仕事が続かないのか?

他人事ならどうでもいいことも、自分自身が悩んでいるという人は
一度、冷静に分析してみることが必要と言えます。

スポンサーリンク

自分が悪いのか?「周り」が悪いのか?

何らかのトラブルが発生する際、基本的には

  • 自分が悪い
  • 周り(置かれた環境)が悪い

いずれか、または両方の可能性が考えられます。

健康問題によって、継続して労働できない場合には
仕方がない場合もありますが、それが「うつ」といった
心の問題の場合には、肉体面と切り離して考える必要もあります。

「学校に行こうとすると、お腹(頭)が痛くなる」という現象は
社会人になった後も、「学校」が「会社」になってしまうことはよくあることです。

「甘ったれ」なだけ

最も単純なケースとしては、「社会についていけない」というものがあります。

本来であれば、社会に出る前に身に着けておくべき「耐性」
これは「根性」とも言われることがありますが、それが欠落している場合です。

そもそも「悩む」ということができる時点で
それほど深刻に「ちゃらんぽらん」というわけではいはずであり
もしも根性が極端にないなら、<少しずつ、頑張る>しかありません。

自分ができる範囲の仕事から始めて、徐々に時間的・量力的な
負担を増やすことしか、できることはありません。

「発達障害」等の「病気」の可能性も

ただし「甘えている」のではなく、「適応できない」というのであれば
話は全く別であり、それは「病気」であることも考えられます。

「大人のADHD」という言葉が、昨今になって注目されています。

この問題は、「発達障害」という
大きなくくりに該当する人が、社会に紛れ込んでいることで
周囲に迷惑をかけている、と注目されたことが始まりです。
(発達障害やADHD)に関しては、非常に細かく細分化されていますが
ここでは、「社会に適応することが困難な特徴を持った人」として扱います。)

しかしながら、発達障害は自分自身にも不利益が多いものです。

  • コミュニケーションがうまくできない
  • 集中力がない
  • 1つのことに集中すると周りが見えなくなる

こういった特徴を持つ人は、「10人に1人」という説もあり
決して他人事ではない、「可能性」を考えてみてもいいものです。
(発達障害の傾向のある人は、「労働者」として使いものにならない人でも
「起業家」として大成する人が多いことも、広く知られています。)

仕事・職場が自分に合っていない

自分が就いている仕事が、「不本意な仕事」の場合というのは
仕事が続かない理由の中でも、最も多いケースと考えられます。

「好きじゃない」「嫌い」な仕事が続かないのは、不思議なことではありません。

そもそも、「子供の頃から夢だった仕事」に就いている人の方が少なく
本体であれば、不本意な仕事をしている人が大半です。

また、「夢なんてなかった」「忘れた」という人も多いはずです。

そういった場合には、<仕事を好きになる>しかありませんが
最も大切なのは、仕事を選ぶ際に<嫌いじゃない仕事>を選ぶことです。

今現在できていないのであれば、できるだけ早い段階で
少しでも自分に合っている、納得できる仕事を探す必要があります。

自分の能力が足りていない

これは、「根性論」にも関わるものかもしれませんが
「根本的に相応しくない職業」を選んでしまっている、という状況も考える必要があります。

「根性が足りない」というのではなく「自分の根性」を超えている状況です。

いわゆる「キャパオーバー」という状態であり、
「自分ではできない仕事」に就いてしまっている状態です。

これは、「好きな仕事」の場合にも関係なく
その仕事に思い入れがあるほどに、<やっかい>と言えます。

「実は向いていない仕事を毎回選んでいる」という人は少なくないはずです。

人と話すのは、どうしても苦手

にもかかわらず

毎回「営業職」に応募している人・・・けっこういるはずです。

人間関係がうまくいかない

「仕事自体は、好きなのに・・・どの会社でも続かない」

このケースは、ほとんどが「人間関係」の問題に悩んでいると思われます。

この人間関係のトラブルの解決法は

  • 我慢する
  • 辞める
  • 状況をよくする

基本的には、この3つしか方法はありません。

大きな会社であれば、人事に相談することによって
配置を変えてもらうことで、「環境だけ変える」こともできますが
なかなか現実的ではない職業の方が多そうです。

仕事は続かないことに悩む人というのは、
「いつも自分が辞める」という選択をしているはずです。

「なんで、毎回人に恵まれないのだろう・・?」と悩んでいる方も多いかもしれません。

しかしながら、

人間関係の問題に関しては、つい「周りの人が悪い」と考えがちですが・・・
もしかしたら<自分が悪い可能性>は、誰もが否定できないはずです。

「毎回人間関係が問題で辞める」という場合には
自分の人格・振る舞いに問題がある、ということも考えてみましょう。

特に冒頭で紹介した、発達障害の場合には「自覚がない」ということも特徴です。

考えることは、つらいとは思いますが・・・



スポンサーリンク

そもそも仕事は<同じものを>続けなくちゃダメなもの?

まず前提として、元も子もない話ですが、

<同じ仕事を続けるメリットが、自分にとってあるのか?>と考えることで
その状況に関して、そもそも本気で悩んでいるのか、考えるきっかけになるはずです。

悩んでいるということは、ほとんどの場合「罪悪感」です。

「俺はダメな奴だ・・・」という、自己嫌悪もあると思います。

しかしながら、そもそも「続ける努力」をすることが
自分にメリットがあるのか?その考えが自分を苦しめているのではない?と
考えてみることで、これから先<無駄に傷つくリスク>が減るはずです。

悩むべき、と思うから悩んでしまうのです。

「これから頑張る意味」があるのか?

ここまで、「続けられない理由」に関して想定できることを数々あげましたが
そんなことは関係なく、「とにかく続かない!!!」という人は多いと思います。

いくら考えても、本当の理由が自分でも分からない
「ただ続かない」ことだけが事実、という状態です。

そういった人は、「それでいい」と考えるのも1つの解決策です。

「あきらめ」というと、ネガティブな印象を受ける方が大半ですが
「苦しみながら生きる」よりは、はるかにいい判断に違いありません。
(ちなみに・・・<あきらめ>とは、仏教用語で「明らかに見る」ということであり
決してネガティブな言葉ではない!ということを心に持っておくと楽です。)

冒頭でも述べましたが、

「それで心の病気になるくらいなら、辞める」

「辞め続けるしかない」

という人も、潜在的にはたくさんいると考えられます。

「無理しては働いている」という状況です。

そしてその無理は、本当に価値があるものなのか?

江戸時代の一般労働者というのは、特定の職業の人ももちろんいますが
今でいう「フリーター」という働き方が、一般的だったようです。

ここしばらく、「正社員で1つの会社で定年まで働く」スタイルが
<たまたま>スタンダードな時代だった、ということだけなのです。

フリーターという働き方に関しては、その立場・客観的な意見としても
賛否両論がありますが、「俺がいいなら、いい!」ということには違いありません。

もちろん、「家庭が持ちづらい」といった要素がありますが
それでさえも「どうでもいい」のであれば、本来は問題ないはずです。

「ないものねだり」を繰り返しているだけかも?

そうは言っても、あきらめきれない!という方もいるかもしれません。

しかしながら、「年次昇給」や「生え抜きの出世」が特徴的な日本の企業において
3~5回転職している場合、はっきり言って基本的には「属性が悪い」状態です。

「キャリア」や「ステップアップ」といった話は
いわゆる「外資系」の要素であり、そもそも「続いていない」時点で不利です。

そして、何度も転職してしまう人というのは
<いつか巡り合える>と、信じていることも多いです。

頑張るなら、本気になる。

諦めるなら、早く。

「期限」を決めて、挑戦するが吉です。

「お金」か「やりがい」にしぼるべき

転職を繰り返している、また「次もすぐに辞める可能性が高い」

けど・・・

でもやっぱり、できるだけ続けたい・定着したい

という場合には、

「お金」もしくは「やりがい」のどちらかに絞りましょう。

両方は、もう無理です。

もしかしたら、仕事(会社)を辞める理由として

「給料が割にあわない」

「賃金が高ければ続けるのに」

といった方もいるかもしれません。

ですが、それを繰り返している時点で「両方は得られない」と考えましょう。

そんな仕事があれば<すでに多くの人が定着している>からです。

そこに割って入るのは、至難の業であるはずです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク