お酒を飲まないと不安で仕方がない・呑みたくないのに毎日やめられない~「アルコール依存症」の克服・治療のために最も大切な考え方とは~

「そんなことしなければいい」

「ただしないだけでいい」

「その行動を止める」という行動、それだけで状況がよくなる症状というのは
神経症を中心として、メンタルが関わるトラブルにおいてよく見られるものです。

典型的なものとして「自傷行為」があり、「傷つけなればいい」それだけです。

そもそも傷つける必要がない・傷つけて解決することはないじゃない?

でも、

「分かっちゃいるけど、やめられない」

だからこそ、病気なのです。

「不合理」だからこそ、「不合理な行動の繰り返し」こそが病気の症状です。

強迫性障害を代表として、「反復」が特徴的なメンタルトラブルはいくつか存在しますが
中には自覚症状が少なく、気づいた時には<どっぷり>と使っているものもあり
その代表的なものに、「アルコール依存症」と呼ばれる症状(行動)があります。

一般的に「よくないこと」として、広く知られている症状であり
また「飲まなきゃいい」という、明確な解決法があるにも関わらず

「呑まずにいられない」から

「呑まないと生きられない」精神状態と発展し

最終的には、「呑むことが生きる意味」になっていく症状と言えます。

「手が震える」といった症状が広く知られているトラブルですが
意志に関係なく痙攣している時点で、すでに自律神経に異常をきたしており
その時点で、その他にもやばい事態が起きているはずです。

アルコールは脳みその萎縮を招く、基本的に控えるべき物質であり
改めで言うまでもなく、健康・人間問題、様々な面でデメリットしかありません。

アルコール依存症についての概要はこちら

だったら、どうしてそんなことを続けてしまうのでしょうか?

そして、どうすれば「コントロール」できるのでしょうか?

自分の経験・意見を交えた偏った意見もありますが、考えていきます。

お酒と煙草は二十歳から。念のため。

スポンサーリンク

「意志ではどうにもならない」という前提受け入れる

まず最初に、

  • 体に悪いからやめよう
  • 将来のためにやめよう
  • 家族のためにやめよう

そういった気持ちだけで、やめることはできません。

「意志の力」でどうにかできることなら、とっくにできているはずです。

アルコール依存症の人というのは、健康に悪いと分かっていても
たとえお金がなくても、子供の薬代で飲んでしまうからこそ病気なのです。

また、

「やめようと思えば、やめられる」

「呑まなくてもいいんだけど、なんとなく飲んでいるだけ」

そういった感覚の人というのは、初期症状の段階だけではなく
「実は重度のアルコール依存症」といった人の中にも多いようです。

まず、「意志は関係ない」ということを受け入れましょう。

「本当は飲みたくないけど」飲んでいるなら完全にアウト

「お酒が好き」「ついつい呑み過ぎてしまう」というのと
アルコール依存症というのは、非常に境界線が微妙であると言えますが

「飲みたくないのに飲んでしまう」

「呑まずにはいられない」

という状態であれば、完全にNGと考えましょう。

そして、アルコール依存症の根本的な克服のためには

飲みたくないのに、飲まずにはいられない

その原因を探す、解決することが不可欠であると言えます。

ストレス・不安からの逃避としての飲酒

非常にありきたり理由と言えますが、
したくもない飲酒を、してしまう理由としては

  • ストレス
  • 不安

といった、マイナスな心理状態・状況から逃げるため
また、いわゆる「はけ口」としての行為であることが一般的と言えます。

しかしながら、<繰り返してしまう>ということは
解消できていないこと、そのものであると言えます。

「1日飲んで忘れる」ということであれば、それほど問題はなく
毎日繰り返さなければならない状態であるが問題なのです。

そしてその理由としては

  • 一度の飲酒で解消できない
  • 毎日新たなストレスが発生している

以上の2つの理由が考えられますが、それに加えて

飲めば楽になる

という考えが発展したことで

飲まないと楽になれない

という、考え方の変化が起きてしまっている可能性が考えれます。



スポンサーリンク

「強迫観念」としての飲酒の反復

今となっては、ある程度コントロールできるようになりましたが
自分自身、アルコール依存症に足を踏み入れていた時期がありました。

アルコール依存症の定義に関しては、様々な意見があり

「止められたなら、たいした依存症ではなかった」

といったものや

「1滴飲んだら、元に戻ってしまう(意味がない)」

といった意見まで様々です。

しかしながら、そんなものは「人それぞれだろう」と考えます。

  • 楽しければ問題ない
  • 楽しくても依存だ
  • 休肝日を作ればいい
  • 休んだくらいで克服したと思うな

ケースバイケースです。

しかしながら、飲酒が少しでも「苦痛」を伴うこと
またそれでも手が伸びてしまう状態は、明らかに依存症と言えるはずです。

僕は医者でも何でもありませんが、「定義する」ということ
そういった定義に照らし合わせることが、神経症の克服には相応しくないと考えます。

そもそも、「気にする」から病気になるのです。

そして、「飲まないといけない」という状態というのは
ある意味で、強迫神経症の症状と重なる部分があると言えるものでもあるはずです。

「呑まないと眠れないのではないか?」と恐怖

アルコール依存症と強迫性障害との相性は、<バツグン(非常に悪い意味で)>であり
その相乗効果によって、急速に精神的な負担が増えることになります。

飲みたい

飲まない方がいいよな

飲んだら楽になるな

いつまで続くんだろう?

楽になるし、美味しいからいいや!

と、非常に軽い気持ちで飲酒を続けていた僕ですが
徐々に「ちょっとヤバいかもな・・・」と思い始めてから
「呑んでしまうわけ」に関しても、なんとなく考えることになります。

そして、あくまで僕自身の例になりますが

「飲まないと眠れないのではないか?」

という恐怖によって、飲酒を繰り返していたことに気づきました。

飲酒自体、僕はもともと好きな方でしたが
その理由として、

  • 嫌なことを考えなくてすむ
  • 寝つきがよくなる

という、<健康的とは言えない>理由もありました。

睡眠障害とは長い付き合いであり、また睡眠導入剤(睡眠薬)は体に合わないことから
基本的に寝つきが悪い・連続して寝れない、という状態が慢性的なものでした。

しかしながら、いつしか「呑むと楽に眠れるぞ!」ということに気づき
それ以降寝る直前に少し、時間があればたくさん飲む生活が続きました。

根本的にも好き(本当に味わうのも好き)なこともあり
典型的な「好きだから呑むでいる、という言い訳をするタイプ」の中毒者になっていました。

上記した通り、「呑まないと眠れないのでは?」という恐怖が根本にあり
最終的に「お酒がない!」「眠れない!」という強迫観念から
「深夜にコンビニに走る」という行動をとった際にはっきりしました。

お酒がない、というよりも、「眠れない」ということが恐怖だったのです。

「かりそめのメリット」であるということを理解する

改めて言うまでもなく、「お酒の力を借りて寝る」というのは、いいことではありません。

確かに、お酒を飲むことでリラックスする・楽しくなるメリットもありますが
それは<力を借りて>という前提であり、「偽物のメリット」でもあります。

普段は暗いけど、お酒を飲むと陽気になる

と聞いた際には、若干「そういう人やだな・・・」と思う人は多いはずです。

「お酒を呑めばプラス」というのは、<メリット>ではなく
「お酒がないとダメ」という、<デメリット>を浮き彫りにするだけと理解しましょう。

お酒は、素晴らしいものです。

しかしながら、

  • 次の日の体調が悪い
  • お金がなくなるスピードが速い

といった、ありきたりな代償の先に
本物のトラブルも、控えていることも理解しましょう。



スポンサーリンク

「飲まなくても大丈夫」という状況を作る

冒頭で述べたように、「意志」ではどうにもならないのであれば
「行動」という、物理的なものによって克服することを考えましょう。

そしてそれは、「荒行」でもあります。

簡単に言えば「呑まなくても平気じゃん!」ということを、身をもって知るのです。

僕と同じ「飲まないと寝れない」という恐怖(強迫観念)がある場合には
「飲まないで寝る」ということを成功させることが必要です。

「飲まないと、人前に出れない」のであれば、
「飲まないで、人前に出る」ということに挑戦するのです。

「無理だから飲んじゃうんだよ!」という意見が聞こえてきそうですが
「でも、やるんだよ」というしかありません。

僕の場合で言えば、実際に2日は眠れませんでした。

現実として、飲まないと寝れない状態になっていました。

しかしながら、「限界まで起きていて落ちる」ということの繰り返しによって
<呑まなくても、いつか寝むれる時が来る>ということを実感することになりました。

もしかした、たまたまかもしれませんが
一度は無理をすることが必要と考えられます。

日常生活の中でも克服は難しい

アルコール依存症は専門の矯正施設があるほど、日常で治療することが困難な症状です。

また急に断酒することによって、「フラッシュバック」のような
パニック状態を起こすことも、珍しくありませんが
根本的な治療法は、基本的に「断酒」しかありません。

繰り返しになりますが、アルコール依存患者に特徴的なこととして

「自分は依存していない」「そんなに好きなわけではない」

と、自分が依存状態にあることを否定をすることです。

カウンセリングの後、行動療法での改善が難しそうであれば
「抗酒剤」を使用した、薬物療法を行うことが一般的です。

周囲の協力・環境の変化

アルコール依存症の患者は、スーパーやコンビニでお酒を目にしただけで
たとえ買うお金が無くても、「体が勝手に買ってしまう」ということが起こります。

正に「薬物依存」と変わりありません。

そういったことを防ぐためにも、監視する人が必要な場合もあります。

またアルコール依存症は自助会等も多く開催されており
そういった会への参加も、有効な方法となります。

生きている限り「完治」はない

「お酒に逃げる」という表現がありますが
他に何か「楽しいこと」「やりがい」を見つけることは必ず必要な過程であり
要は、<酒の代わり>を見つけることが重要なのです。

そして生きている限り・お酒が存在する限り、「再発」する可能性はつきまとうものであり
そのため<完全断酒>ではなく、コントロールできる能力が大切と考えられます。

また僕自身、今では本当に「呑まなくても大丈夫」になりましたが
どうしても我慢できずに、過剰に飲んでしまうことないとは言えません・・・

そういった時も、

「俺はなんてダメな奴なんだ・・・」

ではなく、

「呑み過ぎちゃったから、しばらく控えよう」

といった、なるべく「普通の考え方」になるように心がけています。

飲む前・飲んだ後の気持ちも、大きく関わっているはずであり
「普通の人と同じ飲み方(状況・気持ち)」を、想像することも参考になるはずです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク