生きる意味が分からない!夢・希望・幸せを感じることができない人間はどうするべき?~「虚無感」にかられてしまった際の脱出方法~

「どうして、生きなければならないのだろう?」
一度も考えたことのない人は、非常に幸運だと思われますが
生まれてから一度も考えたことのない人はいないのでは?と考えられることでもあります。

もしそんな人がいるのであれば

「そんな人間はいない!いたらパッパラパーだ!!」

と、「怒り」を覚える方もいるかもしれません。

しかしながら、やはりそんな疑問が浮かばない人もいるらしいです。

「らしい」です。

どちらが、より幸せなのでしょうか?

しかしながら、一度でも考えたことのある人
そして、「それからずっと考えている」という人というのは
まさに<生きづらさの極致>とも言える、常になんとなく虚しい状態だと思われます。

「もう、中二病ってレベルじゃない」という方は、意外に多いのではないでしょうか?

またこういった話題になると、必ず「宗教?」となってしまい
時には残念な道を歩んでしまう人もいるようですが
ここでは現実的に、「それでも生きなければならない」という前提で考えていきます。

まあ、誰にも答えなんて分かるはずありませんが・・・

スポンサーリンク

「虚無感」の原因によって大きく変わる解決法

「生きる意味が分からない」という感覚は、一般的に「虚無感」と呼ばれていますが
この虚無感を抱えることになった、「理由」はなんでしょうか?

「生まれた時から」という方も、中にはいるかもしれれませんが
そういった人というのは、後で挙げる「欠陥」を抱えていると言えます。

しかしそうではない場合であれば、幼少期の「楽しかった記憶」
1つくらいは必ず存在するはずであり、「今の状態」になるまでに過程が存在するはずです。

そして虚無感というのは、救いがあるもの・ないもので全く悩みの度合います。

まずは、<軽い虚無感>から考えていきます。

「大したことない虚無感」を抱えることになる理由としては、

  • いじめにあった
  • コンプレックスがある(消えない)
  • 大切な人と別れた(いろいろな意味で)
  • 壮絶な努力が報われなかった

こういったことが、一般的と思われます。

これに関しては、「まあ、そうなっちゃうかもね」と
虚無感を抱えていない人間であっても、納得できることが多いはずです。

しかしながら、やはり「そのきっかけ以前」までの時期

  • いじめにあう前
  • コンプレックスに気付く前
  • 大切な人との楽しい時間
  • 努力の先にある理想像を考えていた時期

「その時」までは、<そうじゃなかった>はずです。

虚無感の芽生えが、「一瞬」にしても「徐々に」だとしても
抱えてしまったことに関して、理由があるケースというのは
その虚無感の解消も、実はそれほど難しくはないことも多いと言えます。

「新たに手に入れる」か「忘れる」しかない

「ある日」を境に抱えてしまった虚無感というのものは
結局は「それを超えるもの」を手にした瞬間に、開放されることが一般的です。

  • いじめ・コンプレックスであれば「社会的な成功」
  • フラれたのであれば「新たな出会い」
  • 報われなかった努力は新たな目標

もし本気で解決したいのであれば、「頑張る」以外に何もないはずです。

大切なことは、「理由」と「解決法」を分析することだと思われます。

「かけがえのない人との死別」

「人生をかけてしまった努力」

こういったものは、解消が難しいものですが
いずれにしても、「廃人」にならないためにできることは
「新たな一歩」か、「忘却」しかないはずなのです。

虚無感を持っている人というのは、基本的に「無気力」でもあります。

しかしながら、そのままの状態というのは非常に危険と言え
一刻も早く、脱出をはかる必要があります。

「やりたいことがない」 そういった人というのは、珍しくはないはずです。 「そもそも<夢を持つべき>という考えがおかしい!」 ...

救いようがなさそうな人は「病気」であると考えるべき

次に、<救われないかもしれない虚無感>について。

「生きる意味が、本当に・全く分からない」という人は
もう一度、「そうじゃなかった日」を思い出してみて欲しいと思います。

それでも、「楽しかった日もあるけど、そんな人はもうこなそう」な人

また、「そんな人は、1日もないね」という人

そういった人というのは、「病気」だと考えるべきであり
実際に「病気みたいなもん」であることも事実です。

「幸せホルモン」と呼ばれる、「セロトニン」
「ワクワク」を感じさせる、「ドーパミン」の分泌が少ないと思われます。

これらの物質は、「性格(情緒)」や「神経症」等にも密接関わっており
幼い頃から「神経質なくせに無気力」な人というのは、この傾向があります。

「医者に行けば治る」という病気ではありませんが
ただただ、悩みを聞いてもらう(吐き出す)ということが
本当は存在するかもしれない原因を解き明かす鍵になることもあります。

以下の記事も参考にしてみてください。

精神的な悩みや、神経的症的なトラブルを抱えている人の中には 「心療内科」等といった、「メンタルクリニック」に通うこと 専門家に相談するこ...

「完全に生きる意味を持てない」人間はどうするべき?

「どうしようもない・・・」と悩んでいる人もいると思われますが
「生きている」ということは、「死ねない理由」が必ずあるはずです。

「人生は、もしかしたら楽しいのでは?」という期待を持っているはずです。

そういった人は、とりあえず「少しでもやりたいこと」をして欲しいと思います。

目標とか、意味とか、そんなたいそうなことは考える必要はないはずです。

生きる意味が分からない人が持つメリット

生きる意味が分からない人が持つ、最大のアドバンテージは
やはり、「捨て身」になれることです。

どうでもいいなら、何でもできるじゃん!と考えてみて
普通の人ができないこと、でも本当は誰でもしたことをしちゃえばいいと思います。

  • 会社をやめて漫画だけを読む日々
  • 毎日好きなものしか食べない
  • イチローに「キャッチボールしてください」と言いに渡米する

「楽しい」と感じること自体が、何より最高の処方性だと考えられます。

「いや、恥ずかしい」という人は、それは本物の虚無感ではありません。

また虚無感に悩んでいる時点で、「解決したい」という意志があるはずであり
働きかけをしている(このブログを読んでいる)ということは、「最悪」ではありません。

何より、生きていること。

これらは、希望(期待)を持っている証拠です。

非常に偉そうなことをつらつらと述べてきましたが、
やはり「目標とか、意味とか別に必要ないよね。」と考えることが大切だと思います。

ないかもしれないものを、あるはずと思うから苦しいのです。

「人生は生きる価値がある」

そんなことあるか?という疑問を、持ちながら楽しむことをおすすめします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク