どうしても会社・仕事を辞めたいけど辞めることができない~つらいけど誰にも相談できない状況でどうすればいいの?~

「じゃあ、辞めればいいじゃん?」

充実した会社生活を送っている人

フリーランスで稼げている人

働く必要のない人

そういった人は、「仕事を辞めたい」と悩んでいる人に対してそう言うはずです。

しかしながら、そうはいかないものだからこそ悩んでいることと思います。

ただしこの意見に関しては、<ごもっともな言葉>であることに違いなく
「つらい」という状況は、<脱出すべき>ということを忘れてはなりません。

もちろん、辞めたいと思う事情は人それぞれですが
「今のままでいい」のであれば、そもそも辞めたい等とは思わないはずなのです。

こうして、<ねちっこく>ロジックで考えていくことで
「先入観」といったものがなくなり、楽になる方法が見つかることもあります。

尚、これから先、宗教の勧誘はございません。

念のため。

スポンサーリンク

「辞めたい」と思った時点で「終わり」なのでは?

まず最初に、元も子もない結論としては

<辞めたい>と思っている

且つ、辞めたいと思ってしまうことになったその理由に関して

「ほぼ解決の見込みがない」のであれば・・・

それはもう、「辞める」という地点にしかゴールはないはずです。

「他人事」ということはおいておき、解決の目途が全くないのであれば

  • つらいまま続ける
  • 辛い状況から脱出する(辞める)

残るも地獄・行くも地獄、という言葉が頭をよぎるかもしれませんが
行き先が地獄かどうかは、分からないはずです。

会社(環境)が嫌なのか・仕事が嫌なのか

まず最初に、悩みの大元とも言えることに関して
会社が嫌なのか、仕事が嫌なのか、整理することが重要なはずです。

これらは、「辞めた先」を考える際に非常に重要なことです。

と言っても、

いずれにしても、結局は辞めるしかないと考えられます。

環境が問題なのであれば、環境を変えるしかなく

仕事が合っていないのであれば、それこそ「ジョブチェンジ」しかありません。

それが、「慢性的」なものであれば問題ですが
「たまたま運が悪かった」という場合もあり、それもまた人それぞれと言う他ありません。

生きるうえで、最も必要なものは「食べ物」であり 食べ物を買うには、「お金」が必要であり お金を稼ぐためには、「仕事」をする必要があります...

会社を辞めたいと思う原因が、理不尽な会社の環境や上司が原因であり
もしその環境を、変えることができる希望があるのであれば以下の記事も参考に。

「類は友を呼ぶ」とは、ちょっと違うかもしれませんが 僕は成人する前から、また社会人として働き始めてからも いわゆる「サイコパス」と呼ばれ...

どうして辞められないのか?

今回は、以上で挙げたような「適正」や「充実度」といった
「辞めたい理由」ではなく、「辞めることができない事情」に関して
その理由や、その状況に相応しい改善策を考えていきたいと思います。

またこの悩みというのは、圧倒的に「会社員」が多いため
「仕事=会社」となっているケースで考えていきます。

「お金を稼がなければならないから」辞められない

<仕事を辞めたいけど辞められない理由No1の理由>は、
間違いなく「お金」に関するものであることは間違いないはずです。

そもそも仕事をする最も大きな動悸というのは、生活費のため・生きるためです。

この経済的な理由というのは、<辞められない問題>のほとんど全てと言えます。

ただし、「独り身」と「家族持ち」では状況が大きく変わることは言うまでもなく
この悩みが深刻なものとなっている理由としては、自分だけの問題ではないこと
<養わなくてはいけない・自分の稼ぎが必要な存在>がいることとであると言えます。

また、独り身で且つ辞められない場合というのは

  • 年をとっていて、この先再就職の見込みがない
  • 自分の力では、再就職は難しそう

といった、「辞めたい欲求」よりも
「辞めた後の不安」が大きいことが想定されます。

仕事内容ごとに、「適正年齢」や「適正能力」といったものがあるはずですが
<誰にも迷惑がかからない>というのであれば、ぜひ辞めることを前提として
その先のための行動を、できる限り早く始めるべきと言えます。

「年齢」にしても、「習得能力」にしても、基本的に状況は悪くなるしかありません。

「根性なし」と思われたくないから

お金の問題の次に多いものが、「世間体」や「プライド」といったものです。

  • 最近の若者はすぐに辞める
  • 石の上にも三年

といった格言の影響だけでなく、

  • せっかく大学をスムーズに卒業したのに・・・
  • 社会人になってみんな輝いている・・・

と、<自分だけレールから外れる>ことに関する恐怖は
若ければ若いほどに大きなものに違いありません。

また、次の就職(履歴書)に響くのでは・・・?といった
現実的な考えに関しても、頭をよぎることになるはずです。

しかしながら、若い時期の方が転職の際の希望が大きいこと
年をとるほどに絶望の方が大きくなること、「そのままま」でいることで
上記したような、「年だから転職は無理」という状況になることも事実です。

辞める恐怖よりも、「ずっとこのまま」に対する恐怖も考えてみるべきと言えます。

職に就くのが大変だったから

「せっかくスムーズにいったのに・・・」という理由と被る要素もありますが
就職の際の労力を考えることで、二の足を踏んでいる人も多いはずです。

特に「就職氷河期」と呼ばれる世代の方は、こういった気持ちが大きい傾向があるようです。

しかしながら、やはり<そのままいっちゃうの?>という問題も考えるべきです。

実際に、就職氷河期の世代の人というのは
徐々に40代の方も増えてきており、

  • 踏ん切りがつかなかった
  • もう年をとってしまった

という、最悪の状況を迎えている人は確実に増加しています。

また人間というのは、ただでさえ誰しもが
基本的には、「得る」ことよりも「失う」ことを恐れる傾向があります。

ただし、「このままでも生活はできる」というのは
最大の罠である可能性を、考えるべきと言えます。



スポンサーリンク

「つらい現状」と「明るいかもしれない未来」の天秤

以上は、ただ単に「辞められない事情」であり
この他にも、無限に事情は想定することができます。

仕事を・・・辞めたい動悸×止められない理由は、人の人生そのものです。

つまり、その答えもその数だけ存在することになりますが
基本的には、

  • つらい事実
  • はっきりとしない希望

この2つを、天秤にかけるしかありません。

そしてその際には、例えば

  • 家族のために我慢する
  • 家族は路頭に迷うかもしれないけど辞める

以上の決断があります。

そして、その結果は無限に考えることができます。

  • 子供は問題なく大学に行けるかもしれない
  • 自分のアルバイト代で高校を卒業させることになるかもしれない
  • 毎日もやしばかり
  • 年収が上がってみんなハッピー
  • より大きな絶望
  • 未体験の充実した会社員生活

結末を完全に予想することは不可能であり
可能な限り、最善を尽くすしかありません。

辞める・辞めないという選択自体には、正解はないはずです。

「相談する相手」を選ぶ

この会社を辞める・辞めないの問題というのは
<人に相談できない>という、より深い悩みにしてしまう事情も特徴的です。

  • 辞めようとしている会社の同僚にはとても言えない
  • 友達に弱みを見せたくない

何より家族・親・パートナーを不安にさせたくない、という気持ちもあるはずです。

しかしながら、相談することで気持ちが楽になる・・・だけでなく
有意義な助言や、自分の心配が簡単に軽減されることもあるはずです。

そしてその際には、必ず<他人事にしない人>にこそ相談すべきです。

冒頭で挙げたような、「辞めれば?」にしても
「辞めるべきではないよ」ということに関しても
そういった単純な答えというのは、その悩みに関して他人事の立場の言葉と言えます。

そうではなく、<自分が仕事を辞めることで、影響を与えることになる>人を選びましょう。

「つらいなら、辞めていいんじゃない?」

「辞めてもらったら、家計が困る」

といった、正直な意見こそ聞く耳を持つことが必要なはずです。

親しい人にこそ、深刻な相談をすべきなのは当然のことでもありますが
こと仕事の問題に関しては、すぐに相談する・躊躇うことが両極端な傾向があるようです。

その結果、自分で抱え込むことになる人が多いようですが
言うまでもなく、その悩んでいる瞬間も時間は進んでいくものです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク