誰かと一緒にいないと寂しい・貢いでしまうのがやめれない~恋愛(貢ぎ)体質・共依存を利用されないために克服して強くなろう~

内面的なトラブルが起きる原因には、その根底に「寂しさ」があります。

ただでさえ、一人でいる状態が長く続くことで
なんとなく不安になったり、恐怖を感じるものですが
それが元来「寂しがり屋」の場合には、より深刻なこととなる傾向があります。

また、たとえ<ひとりが好き>といった人であっても
だからこそ、人間関係を築くのが難しい人こそ注意が必要なものでもあります。

本当に一人が好きな場合もありますが、たいていの場合何かよりどころがあるはずです。

そして「孤独感」のコントロールができない場合に、「依存」というリスクが発生します。

それが過剰なものであるほとに、いわゆる「依存症」に陥るリスクも高くなり
これは「モノ」だけでなく、場合によっては「ヒト」が対象となることも多く
より大きな寂しさを埋めるためには、その対象がヒトとなることが多いと言えます。

スポンサーリンク

場合によっては危険なこともある「共依存」の関係

人を求めることが、そんなに悪いことなの?という疑問を考えると
確かに、それほど問題のあることではないように思えます。

赤ちゃんは親に依存している存在であり、それは当たり前のことでもあります。

しかしながら、こういった極端な例でなくとも
大人になった後の、「その人がいないとダメ」というメンタルは
それが行き過ぎた場合には、問題であると考えられます。

「かわいいもの」という意見もあると思われますが、
ここでは「共依存」と呼ばれるほどに強い依存心を持った場合に起こる
危険なケースと、それを克服するための考え方を紹介します。

どうしてそれほどまでに求めてしまうのか?

まず、<なぜそんなに依存してしまうのか?>を考えた時には
対象がモノ・ヒトであっても、根本には同じものがあると思います。

<どうしても特定のもの・行動を求めてしまう>という癖に悩んでいる人は、
アルコールといった、分かりやすいものを含めて意外と多いようです。

できる人は、「なぜできないのか、理解に苦しむ」ようですが 普通の人ができることを、できない人間というのはたくさんいます。 その中でも...

言うまでもなく実害があるものであり、克服する必要があります。

この<実害>こそが、ブレーキがきかなくなっている状態で警戒すべきものであり
感情をコントロールできないケースでは、必ず起きることでもあります。

最も「お金」が飛んでいく異性問題

共依存の話題を語る際には、必ず異性に関する要素が現れます。

「恋愛体質」と言えば聞こえはいいものですが、
<独りよがり>になってまい、相手から<重い>と感じられてしまうことも多く
その重さを利用して、「貢がせる」という人も少なくありません。

これは男女共に、リスクのある現象です。

<相手も共依存体質>だった場合には、問題のある人間同士の恋愛ということになり
様々なトラブルが起きやすいことからも、いずれにしても問題です。

病気の人間同士が出会えば、基本的にトラブルが起きるものです。

もちろん、うまくいくケースもあるはずであり、一概には言えませんが・・・

また、男性であれば「キャバクラ」女性であれば「ホストクラブ」という存在は
寂しさを埋めるためにもってこいであり、上記した<貢ぎ>がありがちなパターンです。

実際に、なぜ行くのか?と問われた際に「寂しいから」を答える人
自分で分かっている人も多く、お金がある時は問題ないかもしれませんが
割高な行為であることには間違いなく、水(風)俗店が原因で
金銭的なトラブルを招くことは、ただでさえ珍しくないものと言えます。

<心の底から楽しいから<行っている人というのは、お金に余裕があるものであり
お金に余裕がなくなれば、楽しくはなくなる・行かないはずなのです。

お金がなくても行ってしまう場合には、それは明確に「病気」と言えます。

これは「お店」や「疑似恋愛」ではなく、一般的な異性関係にも言えることです。

「無理なプレゼント」は、その第一歩です。

共依存・恋愛体質と、「大恋愛」と紙一重と言えますが
それがもし「誰でもいい」のであれば、それは問題であると考えるべきです。



スポンサーリンク

共依存・恋愛体質からの脱出法

何らかの依存体質から、脱却することを考えた際には
「強くなる」ということに加えて、その対象への依存度を減らすことも大切です。

「まあ、なくても(いなくても)大丈夫」という感覚に持っていくことが重要です。

1つの方法としては、<依存先を増やす>というものがあります。

いわゆる「リスクヘッジ」であり、心のよりどころが複数あることで
「1つなくても大丈夫」となることから、1つ1つへの依存度が低くなります。

しかしながら、それぞれの依存度が軽くならないことも多く
場合によっては、<誰でもいいや>という考え方になり
女性の場合で言えば、いわゆる「ヤリ〇ン」となってしまうリスクがあります。

そうならないためにも、より健全・建設的な解決策を考えることが必要です。

「バランス感覚」を持つ

誰もが少なからず、なんらかの対象・行動に依存しているものです。

  • 仕事(会社)
  • 子育て(子供)

考えてみれば、「生きる意味」のようなものはあった方がいいものと言えます。

ただし、上記したような行動に伴う<自分も必要とされている>という要素が必要です。

  • 会社の利益につながる会社に必要な存在だ
  • 子供を成長させる子供に必要な存在だ

相手にとっても、自分が依存先となる要素があること
必要と依存は紙一重であり、バランスよく感じることが大切です。

分かっているけど止められないのはなぜ?

以上のことは、非常に正論的なことですが
<それでもやめられない>からこそ、病的なものと言えます。

そして、それでも実害を被る前に引き返す・考え直すことが必要です。

「異常に寂しさを感じやすい」という気質を持った人というのは
幼児期の、いわゆる「原体験」で満たされない日々を送っていることが多いようです。

  • 褒めて欲しいことを褒めてもらえなかった
  • 褒められて当然の結果を認めてもらえなかった

これらは典型的なものと言えます。

しかしながら、そういった過ぎでしまったものを取り戻すことはできません。

これから先、いくら貢いでも、尽くしても満たされないものです。

「心を満たされたい」のであれば、依存というのはコスパの悪い行為と言えます。

「損をしているかも」という感覚を持つ

世の中で売られているもの・サービスというのは、
その多くが「必要なもの」と、「暇つぶし」を目的にしたものの2種類です。

そして暇を感じるということは、同時に寂しい状態でもあり
売っている側からすれば、寂しい人間が多いほどに利益が出るものでもあります。

極論にはなりますが、<ただでさえ無意味かもしれないもの>
貢いだお金・時間というのは、他人のために使っているものと言えるのです。

本来であれば、せめて自分のために使うべきであり
依存先の人にとっては、自分が使ったお金・時間は何とも思っていない可能性があります。

アホらしいと思いませんか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク