身寄りのない人間が就くべき職業とは~「失業」という恐怖を抱えながら生きる人にとって大切なこと~

当ブログを構成する、大きな趣旨の1つとして「お金」があり
それは言うまでもなく、生きるために何よりも重要なものであるためです。

その大切さというのは、サイトのタイトルにもなっている
<独りで生きる>という状況において、より重要度を増すものになります。

そして、その大切なお金を手に入れるための
一般的な手段が「仕事」であり、一人で生きなければならない人間にとって
<助けてもらえない>人にとって、仕事はより重要な要素になります。

もし、仕事を失ってしまって生活が成り立たない
急に大きなお金が必要になった、どうにもならないという際には
まず「親族」といった、身近な存在を頼ることが一般的です。

しかしながら、そういった存在がいない、いたとしても頼ることができない環境においては
「仕事を失わない」ことが重要であり、同時に低くない賃金・将来への展望を持つことが
非常に重要なことであり、この当たり前のことを一度冷静に考えておく必要があります。

孤独な人間にとっては、「仕事の選び方」ということは
「いかに働くか」ということ以上に、重要なポイントと言えます。

スポンサーリンク

「大丈夫な環境」に身をおいていることがリスクかも

そんなことは当たり前、と思っている人は多いはずであり
もちろん頼れる存在がいないという前提を持った人にとっては
「失業」といったリスクは、常に頭の片隅にあるものでもあります。

しかしながら、普通に働くことができている状況においては
「今は大丈夫」という状況においては、100%イメージすることはできません。

所詮は「頼れる存在がいる人間」と、同じ土俵で働いているはずです。

方や、そこから転落することがあっても助けてもらえて・やり直しがきく存在
方や、失業そのものが「致命的」なものとなる人生を背負っている場合には
「大丈夫な人と同じ、大丈夫な環境にいる」としても、常に危機感を持つ必要があります。

「1つのことを長く続ける」という条件を設ける

最近流行りの「フリー」といったワード、<一人で生きていく>といったキャッチコピーは
職業選択の話題で使われることが多いものですが、非常に漠然としたものでもあります。

数ある仕事、働き方、その組み合わせは無限に存在するものであり
何がフリーなのか、フリーという言葉が意味するものも非常に曖昧です。

ただし、職業・就業形態に関して「何が正解か」というものは存在しないことも事実であり
そういった正解がない中では、いかに「有利な状態」を作ることこそが
<一生、一人で生きていく>という状況において、重要なものであるはずです。

そして「仕事に困らない」という状況を目指す際には、
必ず何らかの「スペシャリスト」になっておくことが必要です。

「フリーター」や、賃金が安定しない状態の人というのは
リスクヘッジとして、掛け持ち・副業をしがちです。

しかしながら、多くの職業が<誰がやってもいい>ことも事実です。

もちろん、2つ・複数の収入源を持っておくことで助かることもありますが
「誰でも簡単にできる仕事」は、常にリスクがある仕事でもあるのです。

だからこそ、<1つだけでも極める>ことが必要であり
「必要とされる存在(職業人)」になることが、
少なくとも<完全に仕事(収入源)を失う>ということを避けるために必要であり
「転職」といったことさえ、気軽にできない孤独人にとって重要な要素と言えます。

「経験」は常に必要とされているステータス

「職歴」と呼ばれる、スキル・熟練度というものは
いつの時代・環境・条件においても、重要視されることと言えます。

「成果主義」や「能力給」と呼ばれるものが声高に叫ばれる時代では
経験値は蔑ろにされてしまうことが増えましたが、

  • 1年の経験で結果を残している人
  • 特に目立たないけど10年継続している人

であれば、少なくとも<続けている>だけで後者の方が評価が高いはずです。

何より「継続」は、技術を身に付けるために効率的なアプローチと言えます。

<1つのことを長く続ける>ということは、非常に価値があることでああり
そうであるのであれば、できるだけ早く「その対象」を見つけて始める必要があります。



スポンサーリンク

どんな職業でどんなプロセスを歩むべきか?

「失業・低賃金によるリスクが大きい人間」は、
一体どんな職業に就くべきか?ということを考えていく際にも
やはりその選択肢というのは、無限に存在することには変わりありません。

ただし、

  • やりたいこと
  • 向いている職業

そういったものがあり、うまくいっている・挑戦する価値があるのであれば
まずはその仕事を迷わずに続けるべきであると言えます。

「希望」は「リスク回避」よりも優先すべきことと考えた方が健康的なはずです。

それ以外の、とにかく1人で生きていくことを想定した際には
やはりある程度の条件を設け、その中から考えていくことが効率的と言えます。

「そこそこ必要な人間」を目指す

失職・低賃金のリスクを避けるためには、「価値の高い仕事」につくことが最も適切です。

しかしながら、もちろんそういった職業に就くことは難しいものです。

また本当に<替えがききづらい>と言えるものは、「医師」といったごく一部です。

そのため「そこまでじゃなくていい」という、「適度な希少価値」のある職業
もしくは単純な難易度ではなく、<人がやろうとしない(就業の対象になりにくい)>ような
職業や技術を習得することで、「まあまあ貴重な人間」になることを目標とするべきであり
それは難易度というよりも、探し方・出会い方に左右されることが多いものと言えます。

誰にでもできる仕事ではなく、また替えがきく中途半端な技術者でもないことが重要です。

  • 翻訳者
  • デザイナー

といった、メジャーな(求職者・従業者の多い)ものではないこと
簡単に言えば「ライバルが少ない仕事」を見つけることが必要です。

また「技術が必要だけど(それほど難しくない)、できる(やる)人がいない」といった
ニッチな職業も狙い目であり、相対的に価値が高くても、就業が難しいとは限らないのです。

例として、「誰でもできる」と思われがちな「運ちゃん(トラック等のドライバー)」は
実は慢性的な人手不足であり、更に流通業はなくなることのない職種と言われています。

更に「一人が好き」なら、最適な職業です。

「仕事を選べないリスク」があるケースが多いからこそ

とは言っても、

「大企業」と呼ばれる場所に、就職する・していることができていれば
よほどのことをしなければクビにはならず、また終身雇用の恩恵に授かれます。

問題はそうではない状況であり、だからこそ「スタート」や「過程」が重要であり
その先にある、<しっかり稼ぎ続ける>ためにどうすべきかを考える必要があります。

そしてその際に大切なことは、やはり「希望とリスクのバランス」であり
1人で問題なく生きていくために、その日その瞬間何をするべきか
効率的なプロセスを積むことができているか?ということです。

具体的には、スキルと昇給と雇用の展望を見極め
「独立して本当に1人になる」ということが可能であるのか
そうするべきなのか?どうするべきなのか?何が「自分にとっての正解」なのか?です。

もちろん正解はないものになりますが、大切なことは非常に単純であり
<失業しない(生活の糧を失わない)で、そこそこ稼ぎ続ける>ということです。

「自分ひとりならどうにでもなる(何でもできる)」という捨て身ではなく
ぜひ、あくまで<挑戦しやすさ>を活かしてみましょう。

失敗しても、どうせ独りです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク