トラウマを克服するための効果的な方法とは?~嫌な記憶は消える?苦しみから自由になるための合理的な手段!~

「トラウマ」という言葉を、非常に軽い意味で使用する人もいますが
苦しんでいる人・苦しみ続けている人にとっては、冗談では済ますことができないものです。

「生きづらさ」を抱えた人間にとって、何らかのトラウマを抱えていることは珍しくなく
それによって、常に不合理・不利な日常生活を送っている人も多いはずです。

そもそもトラウマは、全ての生きづらさの根底にあるものでもあります。

そしてそういった人というのは、必ず一度はトラウマの克服を願ったはずであり
<自由になる>と言う言葉が、これほどしっくりくる対象もありません。

もちろん、中には<トラウマからの解放>を諦めてしまった人もいるかもしれませんが
本当は・常に克服したいと、心の底では願っているはずです。

スポンサーリンク

「トラウマ」の正体とは

トラウマは「心的外傷」と呼ばれ、その言葉が表す通り「心の傷」です。

一般的には、「過去の壮絶な体験」といったものが原因であり

  • 日常的な虐待
  • 愛する人の目前で起きた死

といった、「継続」や「一瞬」等の様々なケースが考えられますが
その「原因となるものを経験した時間」よりも、トラウマによる反応が

  • 一定期間で治まるのか
  • 継続して現れているのか

ということが、症状を判断する対象となります。

心的外傷を受けた直近に、いわゆる「フラッシュバック」が現れる症状は
「急性ストレス障害」と呼ばれ、その後に不眠といった症状が続く場合には
「PTSD(心的外傷後ストレス障害)」に発展したものとされます。

「頭から離れない」ことが問題

そもそも、ショッキングな出来事を経験した後というのは
誰しもが「反動」や「余韻」を経験するものであり、強盗・強姦等を経験した後に
「1人で暗い道を歩けない」というのは、人間として当然の反応であると言えます。

そして、生きていれば誰もが多少の心理的ダメージを受けています。

しかしながら、トラウマと表現される症状は
その「悪い思い出」を

  • 忘れることができない
  • 頭に染みついて離れない

ということが根本的な問題であると言えます。

そしてそれは、ある意味で「強迫観念」と非常に似ています。

  • 思い出したくない
  • 思い出さない方が自分にとって都合がいい
  • でも、考えてしまう
  • 考えることがやめられない

自分の経験からも、トラウマと「強迫性障害」は非常に関連性が高いと言えます。

「強迫性障害」の症状とその主な原因

そもそも強迫性障害に陥る原因に関しても、トラウマと通じるものがあるはずです。

トラウマを持った人の特徴とは

その人がトラウマを持っているかどうかは、見た目では分かりません。

また、うまく隠している・誰からも気づかれないことも多く
自分一人で苦しんでいることもまた、トラウマを悪化させてしまう要因でもあります。

トラウマの原因・種類の傾向は人ぞれぞれであり、一概には言えませんが
その症状としては、<思い出した瞬間に起きる>発作である

  • めまい
  • 動悸

といったものから、

  • 不眠
  • 抑うつ傾向

といったものに加えて、

  • ヒステリー
  • 子供返り

といった、「癇癪」のようなものがが現れることが多いようです。

またPTSDは、アルコール(薬物)依存症を併発するケースも多く
「二次災害」を招く、典型的な精神トラブルと言えます。



スポンサーリンク

トラウマから自由になるための手段

精神的苦痛・肉体的な不便さを感じないことに越したことはなく
であるのであれば、トラウマの克服というのは、<必ずするべき>と考えられます。

ただし、<時間が解決する>という種類の精神的ダメージもありますが
「トラウマ級」ともなると、何もしないままではずっとそのままです。

トラウマの治療というのは、一般的には「カウンセラー」と呼ばれる
精神医療の専門医に、まさに「カウンセリング」を受けながら

  • 「トラウマの原因」を探る
  • 思い出すことでどの程度の負荷がかかるのか

といったことを、少しずつ進めていくことになります。

が、この治療の過程に関しても苦しい戦いになります。

またPTSDの治療には、「抗うつ剤」が用いられることになりますが
薬で治るのであれば、誰も苦労はしません。

広く知られる通り、薬物療法のみでの神経症・精神障害の完治は非常に困難です。

「行動」による解消にも様々な手段がある

神経症の治療には、上記した薬物療法の他に「行動療法」というものがあります。

苦手なもの(強迫観念が発生する対象)に心身ともに触れてみる
例)人混みで発作が起きるのであれば、少しずつ人混みを経験する等

薬物療法に比べて、より根本的な解決に近づけるはずであり(個人的な見解として)
実際には薬物療法と平行して行うことで、どちらかだけよりも回復しやすいとされます。

この行動療法は、その内容によっては「ショック療法」とも言うべきものであり
問題に向き合うことで、その問題の大きさを軽減するものとも考えられます。

しかしながら、当然のように「危険」が伴います。

<カウンセリング中に気を失う>ということは、珍しことではありません。

にもかかわらず、トラウマをはじめとして精神的なトラブルを解決する際に
トラウマと向き合うというのは、必要なことである・・・とされています。

本当にそうででしょうか?

<逃げていることを忘れる>ような回避術も1つの可能性

「自分と向き合う」というように、自分自身の内面を<客観的に>考えることは
トラウマの解消以外にも、夢・目標といったものを整理する際に必要なこととされます。

しかしながら、自分と向き合ったからといって夢が見つかるとは限らず
向き合ったままの状態、いわゆる「モラトリアム」の状態こそが
人生にとって、結果的にマイナスになることも珍しくありません。

一方で、<深く考えない>ことでうまくいくケースもあります。

有名人・起業家・お金持ちの中にも、

  • たまたまやっていたことがあたった
  • お金を稼ぐための仕事が天職だった

というケースは、意外と多いものです。

夢や目標を最初から持つことが、それほど素晴らしいものではないはずなのです。

こういったことからも、

「トラウマの解決のために自分と向き合うことをしない」

ということが、<その後に安定して生きる>ための1つの手段の可能性があります。

これは「あえて、考えない」ということであり
それで済むのであれば悩む必要はなく、非常に難しく非常に矛盾した手段でもあります。

大切なことは、<考えなくても済む>という状況を作り出すことであり

  • 環境を変える
  • 仕事や趣味に打ち込む

とにかく、「他に夢中になれること」を探すことが大切です。

「考えなくて済む手段を見つけることの大切さ」は以下の記事を参考に

このサイトのコンセプトの1つであり、 僕自身が長年付き合っている、「神経症」という疾患は <人生の可能性>を、劇的に狭めてしまうものと言...

トラウマに「幼児期の家庭環境」が関わっていると思われる方は以下の記事を

「ちゃんと、誤って欲しい」 毒親に育てられた人であれば、一度は思ったことのあること むしろ、常に求めているものであるはずです。 ...

逃げることで「もっと悪い環境」に陥る可能性が低くなる

どうしてこれほど、「克服」ではなく<逃げること>をおススメするかと言うと
「トラウマからの完全な解放」は、不可能であると考えるためです。

トラウマと向き合った結果、悪化してしまうことは珍しくはなく
克服のための手段が、まさに本末転倒になります。

克服にはリスクがあり、うまくいったとしても「完治」はないのです。

残念ながら。

そうであるのであれば<逃げ続ける>ことは、ある意味で合理的です。

トラウマのない人・トラウマを完治したと思っている人は
「いや、ちゃんと向き合って解決するべきだ」と言うかもしれません。

しかしながら、その人はあなたではありません。

繰り返しになりますが、トラウマと<向き合う>ということは危険なことです。

だからこそ、カウンセラーという専門家と<一緒に>行う必要があります。

もし「自分独り」の状況の場合には、絶対に避けるべきことです。

「逃げた方がいいじゃん」というケースは少なくない

性的なトラウマがある女性は、夜の仕事に就くこと多いようです。

常識的に考えれば、「意味不明」です。

そういった経験のある女性は、普通は「男性恐怖症になるのでは?」と感じるはずです。

しかしながら、ナイトワークの極致である「風俗店」で働く女性もいます。

そういった女性というのは、

実は男性に対して恐怖を持っている

にもかかわらず、

最大限に男性と関わる職業を仕事にします。

もちろん、合理的ではありません。

そういった点も、強迫性障害とそっくりです。

普通なら逃げるべき自分を苦しめた対象に向かってしまう、ということも
ある意味で強迫観念によるものであると言えます。

しかしながら、見方を変えれば「ショック療法」と言える部分もあります。

だからこそ、「そんなことしないで逃げるべき」と考えるのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク