将来が不安過ぎて考えたくない人こそ一度は「これから起きること」を整理して覚悟を決めておくべき

「将来」というのは、誰もが不安なものです。

それが漠然としたものであれば、尚更のことです。

今現在・現状でさえ、全く不安のない人間は珍しいものですが
その毎日の積み重ねの先にある、いつまで続くか分からない人生の中では
何が不安なのか、何を不安に思うべきかも分からないことが、また不安でもあります。

何より、「人より困難が多い人生」を歩んでいる人であれば
あらゆる生きるためのリスクが多いはずであり、
それに伴って、不安が大きくなるのは当たり前のことと言えます。

将来と不安

これらに共通している点として、<考えればきりがない>ことが挙げられます。

それが合いまった条件では、より悩むことは当然のことです。

1つとして、同じ人生がない前提があるうえに、
1つとして、これから先同じ方向を歩む人はいません。

しかしながら不安だからこそ、人よりリスクが多い人生であればこそ
一度冷静に「現実的」な要素を整理して、改めて覚悟を持つ必要があります。

考えたくないことがたくさんある人こそ、考えなければならないことです。

スポンサーリンク

<諦める>か<希望を持つか>に正解はない

そもそも将来を考えるというのは、<その先も生きる>ということが前提です。

が、しかし、それが希望に満ちているかどうかは
20代後半くらいにもなれば、ある程度は想像ができてしまうものでもあると言えます。

無限の可能性がある!というのは、全ての人に共通する格言ではなく
絶望しかないわ・・・」という人というが、現実にはたくさん存在します。

  • 引きこもり
  • 無職
  • ワーキングプア
  • 心身のトラブル

例と挙げればきりがありませんが、「親が死んだら終わり」という人は珍しくありません。

そのため、決して<前向き>に考える必要はないはずです。

ダメならダメなりに、「いかにして生きるべきか」を考えていきましょう。

「不安」は「期待」のあらわれでもある

そもそも<不安に思う>と言う時点で、人生に「期待」が残っています。

自分がかわいい状態です。

本当に絶望している人間というのは、不安にさえなりません。

そのため、不安に思うことができているのであれば
可能な限りよいものにするために、建設的に考えていきましょう。

人生に対して、希望を持てないことの恐ろしさはについては以下の記事を参考に・・・

「やりたいことがない」 そういった人というのは、珍しくはないはずです。 「そもそも<夢を持つべき>という考えがおかしい!」 ...

「健康」と「お金」は両方必要であり同時に存在するもの

将来の不安というのは、一見漠然としたものであっても
基本的には、

  • 健康
  • お金

以上の2つが、基礎的な軸となります。

この単純なことを、決してバカにせずに考えることが
将来への不安を軽減するための、第一歩と言えます。

これらは、片方がなければ片方を手に入れることができない
補完し合っている要素であり、「家族計画」や「夢」といった大それたものは
どれもこの2つが根底に存在することが、前提となって初めて考えることができます。

健康でなければ、お金を稼ぐためのパフォーマンスが十分に発揮できず
またいくらお金があっても、健康でなければ・有意義に使えなければ意味がありません。

そして、これらは「有限」であることがあることも同時に考慮しなければならず
極端な例として「100歳で肉体労働」というのは、無理なことです。

いずれ確実に訪れることとなる、肉体の劣化は
<お金を稼ぐことができない>と言う事態を必ず招きます。

<いつまでもたせることができるか>が重要なことですが
「それ」がいつなのかは、誰にも分かりません。

結婚・家庭に関しても、体が元気・お金を持っているという条件であれば
「30歳までに」ということは決してなく、「40代・50代でもいける!」のです。

ここから先は、「当たり前のこと過ぎる」ことですが
ぜひ一度、改めて考えてみて欲しいと思います。



スポンサーリンク

生活できるだけのお金を<継続的に>手に入れ続ける

言うまでもなく、「サラリーマン」の最大のメリットは「(経済的な)安定」です。

ほとんどの人間にとっては、継続的に収入を得られることこそが
何よりの、これ以上ない、金銭的なリスクを軽減させるための条件に違いありません。

そのためサラリーマンになること、辞めないことが最も合理的です。

たとえ賃金が少なくても、「今よりも条件のいい仕事」が見つかるとは限りません。

極端な例を除き、30歳以降は<その条件で生きる>ことを前提とすべきと言えます。

軽い言葉に惑わされずに、粛々と働くが吉です。

とは言っても、

多くの企業で「(だいたい)60歳」という「定年」が設けられ
かつては「65歳」だったものは、今後は「55歳」へ以降すると考えられます。

そして、この定年退職こそが「安定の終わり」でもあり
それ以降は、「貯蓄」と「年金」に頼る人生がスタートします。

言うまでもなく、サラリーマン時代に貯蓄を作ることが不可欠ですが
それこそが<いつまでもつか>ということに、大きく関わるものです。

ここで問題となるのが、仕事を辞めて以降・年金の受給までの
「空白期間」であり、これは定年退職の年齢が前倒しになる一方で
受給年齢は60歳から65歳に変わり、将来的には更に後ろ倒しになることが濃厚です。

「給料プラス何か」が必ず必要な時代

以上のことをかんがえれば、これか先の時代は「サラリーマンとしての給与」の加えて
何らかの継続的な収入を、<定年退職する前に>作っておくことが必要です。

現在(2018年)「副業解禁」といったことが話題になっていますが
この動きというのは、「働き方改革」といったきれいごとではなく

「もうこの会社では、生きるために十分な給料を払うことができません」

ということの、現れであるともとれます。

副業が解禁される前に、必ず何か始めておく必要があります。

生活ができないとすれば、貯金することは到底できません。

特に当サイトをご覧の方というのは、「年金をもらえない人間」も多いと思われます。

だとすれば、必須なのです。

健康は<できるだけ>保つしかない!

健康に関しては、リスクは無限大にあるものです。

これは当人の体質や、遺伝といったものも大きく影響するものであり

何より「悲観的な予想」が必要な要素です。

「何もせずに、いつまでも健康ではいられない」という、当たり前のことを認識しましょう。

「保険」の必要性も人それぞれ

健康はお金で買えるものであり、

  • 健康的な食生活
  • 高いサプリ
  • 人間ドッグ

と、できることはたくさんあります。

これも、個人の匙加減で折り合いをつけていくべきものですが
健康とお金の関連性が高いものとして、「保険」があります。

入院といった事態(働けない・お金がかかる)に備えることに関しては
これも経済的な状況、家庭の状況によって決めるべきものになりますが
「生命保険」に関してはは、受け取る人間がいなければ意味がありません。

何が必要なのか?何が不必要なのか考えることで、
「自分の健康を保つためにできること」の幅が、大きく変わってくるはずです。



スポンサーリンク

どっちにしろ「希望」が不可欠

健康という概念には、「心の健康」というものも含まれます。

希望とは、ポジティブな概念です。

精神的に安定しない状態では、どうしても将来は悲観的です。

そして悲観的である一方で、「だからどうする」という気力も沸かなくなります。

絶望しないことこそが、将来の不安を取り除くために最も必要な要素なのです。

不安が絶望を招くのか

絶望が不安を招くのか

冒頭では、<諦めているなりに頑張る>としましたが
諦めてしまっている状態では、将来のことを考えるという発想は持てません。

また、「不安になりたくないから将来のことを考えない」という発想も同じものです。

しかし<それでも生きていく>のであれば、将来が来ることは避けられません。

そうであるならば、やはり希望を持つしかありません。

特に昨今、「親の年金で生きている人間」が問題となっています。

普通の感覚であれば、「いなくなった後のことを、考えないのかな?」と思うはずです。

  • 考えることができない
  • 考えていても何もできない

両方のケースが考えられませすが、
いずれにしても、「その時」がやってくることは避けられません。

そしてこの「親の年金をあてにしている」ということと
「年金だけあてにしている」ということは、それほど変わらないことになってくるはずです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク