親が憎い・どうしても許せない気持ちを整理する~虐待・貧乏・容姿・理由によって異なる納得の仕方~

「どうしても許せない」という気持ちは、日常生活を送る中で稀に感じる感情ですが
それが長い間続いている・解消できないとなると、とても苦しいものです。

まして、本来であれば<対象になるわけがない>と考えられがちなものに対して
そういった感情を抱いているとなると、やり場のないつらさも加わることになります。

「親が憎い」

といった主旨は、発言するとことで基本的に避難されることになります。

「親は感謝すべきもの」

とされている・思っている人が、どうしてもスタンダードです。

そのため、自然と<心にしまっておく>ことになりますが
発散できない気持ちというのは、徐々に大きくなっていくものであり
しまっておいている、ということは、その気持ちが無くなることはありません。

かくゆう自分自身も、両親を憎み続けてきた人生であり
「どうして、こんな人達の子供に生まれてきてしまったんだろう?」
自分の運命を恨み、家族の関係が良好な人が羨ましくて仕方がありませんでした。

しかし「恨み」や「妬み」という感情は、明らかにマイナスなものであり
そういった気持ちを持ち続けていても、いいことはありません。

自分の「負の部分」と向き合うことは、とてもつらいことですが
必ずどこかで、早い段階で、「清算」が必要です。

スポンサーリンク

何が憎いのか?それは自分で説明できるものなのか?

<憎い>そして<許せない>というからには、理由があるはずです。

自分自身は理解しており、<言うまでもない>ことかもしれませんが
実際に正面から向き合ったことのある人というのは、少ないはずです。

また、<うまく表現できない>ということも多いはずです。

特に一時話題になった「毒親」の場合には、うまく説明ができないはずであり

  • 絶対に許せない
  • もしかしたら自分のためだったのかも?

と、複雑な気持ちになってしまうこともあるはずです。

使い古され過ぎたセリフですが、「人間は<生まれ>が全て」です。 「いや、努力次第でどうにでもなる!」 「いじけているヤツは、そも...

しかしながらそういった中途半端な気持ちこそが、曖昧な憎しみや
場合によっては、「やり直せるかも?」という気持ちにつながるものであり
モヤモヤした気持ちのままで、長い期間を過ごしてしまうことにつながるのです。

「やり直せる可能性」があるか否か

人間関係を壊すのが好きな人というのは、いないはずです。

どうしても壊してしまう、という人であっても
本当は仲良くしたい、と思っているはずです。

それが親ならなおさらであり、もしやり直せるのであれば、それに越したことはありません。

しかし、

許すなど到底無理、というのであれば
「それなりの納得の仕方」を考える必要があります。



スポンサーリンク

許すために必要な条件は何なのか?

前提として、<近い人間であればあるほど憎くなる>ことが事実であり
生まれながらに最も近しい・良好な関係を築くべき存在である親であれば
「愛」が「憎しみ」に変わった際に、その大きさが最も大きくなると言えます。

また物心がついた後には、「自分を守ってくれるべき存在なのに」という
本来とは真逆となっている状況に対する、怒りの感情を持つことになります。

そして、そういった感情を清算するためには
「憎くなってしまった理由」を、改めて認識することが必要です。

「どうしようもなかった」場合には

自分に不利益を与えた相手を、<いいように>理解しようとする際に
最も手っ取り早いのは、「相手もどうしようもなかったんだ」という解釈です。

これが両親・家庭であった場合には、

  • 親が突然借金を背負わされてしまって、貧乏な幼少期を送った
  • 親族の死によって親の人格が変わってしまい、虐待を受け始めた

といった、ある意味で「事故」のようなものです。

実際に「精神障害」を持った親による、虐待や家庭崩壊は珍しくはなく
心のコントロール・ブレーキがきかない場合も、場合によっては仕方がないと言えます。

「ただ弱いだけ」の場合には

「相手もつらい状況では、ああなってしまうよね」と理解できれば(不幸中の)幸いです。

しかしながら、避けることができない理由ではなく
本人の努力・我慢の問題で、恨みを買っている場合には話が違ってきます。

はっきり言えば、<心が弱いだけ>の問題によって、毒親となっている場合には
それは許せなくて当然であり、恨んでしまうことがやむ負えない状況と言えます。

  • コンプレックスによる過度なスパルタ教育
  • ギャンブルによる貧困家庭
  • 頭にくると殴る

こういった事情は、1人の弱い人間による悲劇であり
最も被害を受けやすい(攻撃の対象にしやすい)からという理由で
我が子に不利益を与えるのは、「最低のクズ」という他ありません。

恨まない方がおかしいものであり、恨まないように努力してしまうと
精神疾患を招いてしまうことになり、いずれにしても<恨むべき>状況です。

「曖昧なライン」が問題

上記した、

  • 恨まないという選択肢もある事情
  • 恨むべきという事情

これらは一概に言えるものではなく、微妙なラインが存在します。

特に「容姿」といった問題は、

  • 容姿が悪い人間にも、子供を作る権利がある(仕方がない)
  • 容姿が悪いのに、どうして子供を作るの?(許せない)

と、なかなか解釈が難しい問題です。

  • 自分も醜いけど、子供が欲しい
  • こんな容姿だから、子供は作らない

自分に置き換えてみることで、改めて考え方が変わる問題でもあります。

また「育て方」によって、「受け入れ方」も異なってくる内容です。

すると次は、「どうしてこんな風に思ってしまう育て方を・・・」という問題になります。

結局は個人の見解・答えが全てと言えますが、恨み一辺倒だった人であっても
「許すべきなのか?」ということを、一度は考えてことがあるはずです。

それは「どうすれば許せるのか?」という、問いと同じものであり
許せることができればそれに越したことはありませんが、できないから苦しいものです。

「ちゃんと、誤って欲しい」 毒親に育てられた人であれば、一度は思ったことのあること むしろ、常に求めているものであるはずです。 ...

「合理的な復讐」とは

「親を恨んでいる」とまではいかないまでも、
「好きではない」という人は、珍しくはないようです。

人付き合いを重ねた大人になれば、親に対して「人間として嫌いだな・・・」
親子でなければ決して触れ合わなかったのでは?という人も多いはずです。

これは「母親対娘」の「女対女」のケースが、非常に顕著なようです。

そして、実際に「復習」をする人も珍しくはありません。

もちろん、法律で定められている「やっちゃいけないこと」はやってはいけませんが

  • 自分から連絡しない・連絡を無視する
  • 子供(親にとっての孫)を合わせない

というケースというのは、該当する人も多いようです。

極めつけは、<法律で裁いてもらう>というケースも珍しくはありません。

慰謝料でも貰っとく?

虐待等によって、心に傷を負ってしまった子供が
慰謝料をとるために、大人になってから裁判を起こす

まともな親から生まれ・育てられた人にとっては
信じられない裁判内容というのが、実際には存在します。

これも、女性が母親を訴えるケースが圧倒的に多いようです。

もちろん、「立証」や「裁判所通い」といった手間はかかりますが
<生ぬるい復習では気が済まない>という場合には、納得するための1つの手段と言えます。

つぐなってもらえないのであれば、カタチ上でも「けじめ」をつけさせる。

根本的な解決にはならないことですが、そもそも根本的な解決ができない問題では
こういった<残念ではあるけど、1つのくぎりとなる何か>が必要でもあります。

裁判とはいかないまでも、「お金」というのはやはり手っ取り早いものです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク