人に認めて欲しくて仕方がない「承認欲求が強すぎる人」への対処~あるいは自分に疲れている人のために治す方法を~

「承認欲求」とはその名の通り、<自分を認めて欲しい>という欲望です。

基本的には、誰もが少なからず持っているものであり
無意識のうちに「折り合い」を付けて、日々を生きているものです。

しかし、中には<強すぎる>という人も存在し
それによって、メンドウな日常を送っている人も珍しくはありません。

この承認欲求の問題に関する悩みを抱えている人というのは、

自分自身が強すぎて困っているケース

強すぎる人が身近にいることによるトラブル

この2つのケースが存在します。

後者の場合は、基本的に<放っておけばいい>というものになりますが
「かまって(褒めて)あげないと、後でめんどくさい」ということも多く

そして前者の場合は、放っておかれることで
「かまって(褒めて)もらえないから、納得できない」ために
癇癪を起したり、落ち込んでしまったりすることになります。

承認欲求が、

  • 強くて困っている
  • 強い人に困っている

この問題というのは、常にどちらかの人が犠牲になってしまうものです。

しかし、<承認欲求が絡む生きづらさ>を抱えているのであれば

強くて困っている人は、少しでも軽減する努力を

強い人に困っている人は、相応しい対処法を

それぞれが、見つけていくことが大切です。

スポンサーリンク

どうしてそんなに強いのか?

承認欲求の問題は、

「なぜ、そんなに強いのか?」

「どうすれは、納得できるのか?」

という「強い人目線」で考えることで、解決策を探ることができるはずです。

※承認欲求の問題というのは、精神病・神経症に欠かせないエッセンスであり
いいかげんなことは書けない内容にであるため、あくまで個人的な・ミクロな内容です。

また承認欲求の話題には、必ず「マズロー」の話が出てきますが
今回はマズローのお話に関しては、置いておきます。

「自分を見て」という気持ちが芽生えてしまう理由とは

まず、承認欲求が強い人というのは

  • 劣等感が大きい
  • よく思われたい

基本的には、この2つのいずれかのパターンです。

またこれら以外にも、<傷つくことによって承認を得る>といった
まさに「性癖」と呼ばれるケースもあります。(いわゆる「マゾ」が分かりやすい例です。)

詳しくは、

  • 対等承認(人並みに思われたい)
  • 上位承認(人より上に思われたい)
  • 下位承認(マゾヒズムや依存)

と3つに分かれるようですが、結局は「自分を見て!」ということです。

「普通の人」であれば、そこまで強く思うことのないような<欲求>であり
どうしてそんな気持ちが、それも強く芽生えてしまうのか?という理由を
考える・知ることが、承認欲求に対処する鍵になるはずです。

劣等感(コンプレックス)

自己承認欲求の根本的な要因として、典型的なものが「劣等感(コンプレックス)」です。

  • 自信がないから褒めて欲しい
  • せめて人並みに見て欲しい
  • 舐められたくない
  • 人よりも優れていると思い込みたい
  • 劣っている自分が許せない

対等承認にしても、上位承認にしても、根底には同じものが潜んでいるはずです。
(下位承認の問題はより複雑であり、日常的に問題となるのは
対等・上位承認であるため、ここでは下位承認のケースは別ものとします。)

<自信がない>から吠えてしまう

承認欲求が強い人というのは、自分に自信がないことがその振る舞いに現れています。

とても優れている・仕事ができる人であっても、
承認欲求が強い時点で、本当は自信がありません。

そして「もっとくれ!」となってしまうのは、「埋めることができない穴」があるためです。

過去に「馬鹿にされていた」といったトラウマのようなものを持った人が
偶然にも権力を持った場合には、過去を取り戻すかのように威勢がよくなることがあります。

この<過去を取り戻す>という行動原理は、
あらゆる人格トラブルの、典型的な動機になるものです。

成金の金遣いが荒かったり

元いじめられっ子が部下をいじめたり

アイドルになりたかった女性が、子供にオーディションを受けさせたり

貧しく習い事ができなかった人間が、フィギュアスケートやバイオリンといった
極端にお金がかかることを子供にさせるのは、自分の「穴」を埋めるためです。

そういった穴は、<埋めれば埋まる>という場合と
いくら埋めようとしても、埋まらないケースがあります。

特に幼少期のトラウマ等が関わっている場合は、解消が難しいケースが多いようです。


「自己承認」が楽になる方法を探す

承認欲求が強い人間は、「納得」が欲しいはずです。

自分は他人と比べて劣っていない

自分は他人よりも優れている

その「証拠」を欲していますが、そんな証拠はどこにもないからこそ悩むのです。

「あんたはすごいよ!」で済めば、そもそも悩む必要はなく
上記したように、いくら褒められても終わりはないからこそ苦しいわけです。

承認欲求には、対等承認・上位承認・下位承認といったものとは別に

  • 他者承認
  • 自己承認

といった2つの要素があります。

言うまでもなく、

  • 人に認められたい
  • 自分を認めたい

ということですが、こと<納得する>ということを目的とした場合には
必ず「自分で自分を認めてあげる」ことが必要不可欠です。

そしてその最終的な目的とは、「他人が関係ない価値観」を作ること
「人の目を気にしない」という、考え方を作ってあげることです。

「他者の目」をどう思うか、ということに関しても
最終的に決めるのは自分であり、自分が納得していれば気にする必要はないからです。

自分の欲求と<逆に行く>

「自分自身が納得するしかない」ということは、多くの方が分かっていることと思います。

そうは言っても、簡単ではないからこそ悩むはずです。

ハードルを下げてみる、とにかく褒めてみる、いろいろ試すはずですが
そう簡単にいかないからこそ、悩んでいるはずです。

ここでは、あえて<逆に行く>ということを提案しておきます。

承認欲求が強い人というのは、基本的に褒められたいはずであり
「褒められたいからこそ、バカにされてみる」こともおすすめです。

「あえて恥をかく」というのは、冗談のようで有効な「ショック療法」と言えます。

「恥をかきたくない」というものと、「褒められたい」は表裏一体です。

恥をかくこと、バカにされることで道が開けることもあります。

「人とうまく付き合うことができない」ということは、 <分かる人には分かる>けど、<分からない人は理解ができない>という 「普通にできる」...

承認欲求が強い人・褒められたい人をバカにする、というのは
諸刃の剣(逆上等)の場合もありますが、
その人のことを考えた際には、<やってあげる>ことも必要です。

承認欲求が強い人は、基本的に優れていることが多いです。

目標が高すぎる

目標をクリアしてもまた目標が現れる

終わりがありません。

褒める方も、疲れます。

褒めても、褒めても、納得できないのであれば、<いじる>という道もあるはずです。

くれぐれも、安全に気を付けて。

承認欲求の強さを早めに解消すべき理由

後天的な事情によって生まれたトラブルは、基本的に解消できるものあり
「コンプレックス」というのは、基本的には後天的なものです。

生まれながらの容姿・障害といった、先天的なことが理由の場合もありますが
「恥ずかしい」や「劣等感」といった概念自体は、生まれてから芽生えるものです。

もちろん実際には、完璧に解消することは難しい問題です。

しかしそれでもしっかりと向き合い、早めに<軽くする>ことが必要です。


承認欲求が強い人は利用されやすい

というのも、

承認欲求が強い人というのは利用しやすく、<転がしやすい>と言えます。

そして承認職級が強い人は、頑張り屋さんです。

無限に努力ができますし、我慢強いです。

我慢することが、認められることになると勘違いしているケースもあります。

劣悪な労働環境下で、「苦しむほど評価される」場合においても
最後まで辞めない(いいように働いてくれる)のは、承認欲求が強い人です。

また性産業に従事する女性は、承認欲求が強い人が多いものです。

究極のサービス業であり、お客さんの相手をすることで
承認欲求が満たされることが理由でもありますが、もう1つの大きな理由として
承認欲求が強い人間というのは、<口説きやすい>からに他なりません。

「いいねーいいねー、じゃあ次脱いじゃおっか」

「君が脱いでくれれば、みんな助かるわー」

といった手口は、無くなりません。

<承認欲求が強い人ほど認めてもられない>というジレンマ

「人を押しのけても、目立ちたい」という気持ちは、
芸能の仕事等にとっては有利であり、また必要なものであります。

しかしながら、明確な目標がある場合と、そうでない場合には事情が異なります。

一般的には、承認欲求が強い人ほど、ちゃんと認めてもらえないものです。

赤ちゃんというのは承認欲求の塊であり、
それは「自分しかいない世界」を生きているためです。

社会性がないからであり、つまり承認欲求が強い人というのは
基本的に幼稚で、未熟であり、尊敬などされるわけがないのです。

「人より劣っている」と思うくらいがちょうどいい

承認欲求の強さと、「幸福度」というのは反比例するものです。

「満たされるためのハードル」は、低ければ低い方が生きやすいはずです。

究極的には、人と比べないような自己完結できる価値観を持つことを目標にしましょう。

まずは、

少しくらい人に馬鹿にされたり、人よりも劣っていることを気にせず
「まあ、いっか」と思うことが「バランス」をとるための、第一歩としておすすめです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク