「鬱(うつ)病」の症状とその主な原因

「心の風邪」と言われることもある「鬱(うつ)」の症状は
最も広く知られている、典型的な<精神的な不調>であり
もちろん世界的にも患者がいますが、日本は得に多いと言われています。

また、本来であれば「生きやすい」はずの先進国に多く
一見矛盾していますが、社会的な問題とも言えます。

うつ<病>と呼ばれますが、「気分障害」の1つであり
「神経症」とは、くくられない場合もありますが
様々な神経症の結果として、症状が現れることもあり
情緒が関わる要素として、根本的な面で「イライラ」と重なるものでもあります。

スポンサーリンク

継続した・治らない「憂鬱」

「うつ病」の定義も、難しいものではありますが
やはり<特定の状態が継続している>ことが、1つの目安と言えます。

  • 気分が落ち込む
  • やる気が起きない
  • 楽しさ・面白さを感じない
  • ずっとだるい

といった「憂鬱」な気分というのは、多くの人が経験したことがあるはずですが
この症状が治まらず、悪化していくことで「病気」と言えるのです。

また気分が沈んだ時というのは、人ぞれぞれ「解消方法」があるかと思いますが
そういったものを試しても、一向によくならない状態です。

それだけなら、それほど害はないのでは?とも思われますが
<食欲がない>という状態は、健康面でも非常に危険なものです。

また<眠れない>といった、「不眠症」の症状につながることも多く
不眠症の症状によっても、抑うつ症状が現れることも珍しくありません。

様々な症状に発展することが、最も恐ろしい面と言えます。

「ストレスの継続」と「ショック」

精神的なトラブルの例外に漏れず、うつ病に関しても
「ストレス」が大きく関わっていることは間違いありませんが
「やだなー」と思う出来事は、日常に溢れているものです。

そういった状態が、継続することで発症するケースも確かに多いですが
意外にも、「突然の出来事」によって招かれることも珍しくありません。

事件・事故の後遺症としても、抑うつ症状は広く知られており
知人の不幸や天災によって、短期間で症状が進むこともあります。

<心の負担>が大きい・長い、ということによって
ダムが決壊するかのように、限界を超えた状態と言えます。

またそれらの出来事というのは、抑うつや不眠だけでなく
「パニック障害」の発症の引き金になることも多く
抑うつとパニックを、交互に繰り返す例も少なくありません。

やはり鍵を握る「セロトニン」

そして心のトラブルには、ストレスと同時に
「セロトニン」という存在が欠かせない鍵を握ります。

心を落ち着かせる作用のある、体内分泌物質であるセロトニンが
不足していることによって、心の安定が取れていない状態です。

もともと少ない、短期的に減ってしまっている、どちらにしても
抑うつ・気分障害・各種神経症のリスクが高まることになり
そして復活の鍵も、セロトニンの増加が鍵を握ります。

<ストレスへの耐性>も関わる

また抑うつ(情緒障害)というのは、性格(体質)によっても傾向があります。

<落ち込みやすい>という、「性格」の人は珍しいものではありません。

しかしながら、逆に<普段元気な人ほど重症化しやすい>ことも特徴です。

  • 真面目すぎる
  • 責任感が強すぎる
  • 考え込む傾向がある
  • ずっと同じことで悩みがち

といった、極端な「気質」の人は要注意と言えます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする